自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【WordPress】エックスサーバーに手動でインストール

Wordpress
スポンサーリンク

はじめに

今回は、エックスサーバーにWordPressをインストールしてみます。
エックスサーバーでは簡単インストールもできますが、手動でインストールしてみました。

ドメインについては、サブドメインで構築します。

ドメインの設定

まずは、ドメインの設定を行います。
今回は、サブドメインを新規作成しました。
反映されるまで待ちます。

WordPressのダウンロード

WordPressの公式サイトにアクセスします。

ダウンロード
WordPress を今すぐダウンロードし、世界で最も強力で、有名で、拡張性の高いプラットフォームの一つを使って、サイトを作り始めましょう。

ダウンロードボタンをクリックします。

エックスサーバーにFTPでアクセスします。

エックスサーバーの場合、サブドメインのルートディレクトリは、独自ドメインの公開ディレクトリ(public_html)の中に作成されます。

/home/xxx/chigusa-web.com/public_html/ccn

上記の場所に、ダウンロードしたWordPressを解凍し、FTPでアップロードします。

エックスサーバは、SSH接続が可能ですので、.tar.gz形式のWordPressをダウンロードし、サーバー側で解凍することもできます。
その方が、アップロード時間などを短縮することができます。

以下のようにアップロードを完了します。

データベースの作成

エックスサーバーのサーバーパネルより、MySQLの設定を開きます。

MySQL追加をクリックします。

データベース名を任意で入力します。

作成したデータベースに、ユーザを追加します。

画面下にあるMySQL情報をメモしておきます。

WordPressのインストール

準備ができましたので、設定したサブドメインにアクセスします。
WordPressのインストール画面が表示されました。

先程設定したデータベース名や、ユーザ情報、MySQL情報を入力します。

インストール実行します。

サイト名やユーザなどを入力します。

インストールが完了しました。

管理画面へログインできることを確認しましょう。

また、公開画面も確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました