自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【Twitter広告】個人開発サービスを宣伝

Twitter
スポンサーリンク

はじめに

突然ですが、個人でQuiphaというサービスを開発しました。
Webアプリケーションであり、Laravelで作成しました。

良かったら、会員登録して動作を試してみて下さい。

今回は、この個人開発したサービスを、Twitter広告を利用して宣伝してみました。
前回、Twitter広告の設定をしましたので、今回はその結果をまとめました

私の場合は、今回このような結果となりましたが、ターゲットだったり、ツイート内容などによっては、違った結果になると思います。
私自身、今回始めてのTwitter広告ですので、あくまでも参考として下さい。
何パターンも検証した結果ではございませんのでご了承下さい。

Twitter広告の設定

Twitter広告の設定方法は以下にまとめました。

Twitter広告の確認

Twitter広告の利用状況については、もちろんPCのブラウザから見ることができますが、スマホのTwitterアプリからも見ることができました
メニューから、「Twitter広告」を選択します。

広告に対する、インプレッション数、エンゲージメント数、ご利用金額などを確認できます。
ですので、わざわざPCを起動して見なくても、スマホから確認することができます。

ちなみにキャンペーンの編集はできず、基本的には見るだけのようです。

広告の停止ボタンがありましたので、途中で広告を止めることはできるようです。

スポンサーリンク

広告配信開始

朝~お昼

朝の八時から広告が配信されるように設定しました。

これがお昼の段階(4時間後)のデータです。
インプレッション数が明らかに少ない・・

おそらくターゲットの指定の影響で、あまり広告が表示されていないと思われます。
(入札については自動入札にしていた)

絞り過ぎかなと思い、この時点で設定していた「興味関心」は外しました

ポイントとしては、エンゲージメント率が異様に高くなりました
広告ツイートが表示されたユーザの半分くらいは、何らかのアクションを起こしています。
広告の表示回数は少ないものの、案外見て欲しいターゲットには届いているようです。

オーガニック:広告ツイートではなく直接私のツイートに対するアクション
プロモーション:広告に対するアクション

平日の日中なのでインプレッション数が上がらないのか、確実なところは分かりませんが、急いでもいないのでこのまま放置しました。

夜頃

19時頃のインプレッション数です。
表示回数が少なすぎて、まだ500円も使っていません・・

相変わらずエンゲージメント率が高いです。
1エンゲージメントあたりのコストが約2円くらいになっています。

あまりにもインプレッション数が上がらないので、この時点でターゲットのキーワードも全て外しました

最終結果

キーワードを外した影響か、やっぱりインプレッション数は跳ね上がり、予算を使い切りました
予算は1,000円を上限としていましたが、1,004円になりました。

気になるエンゲージメントの詳細です。
リンクをクリックしたのが6件、「いいね」が3件、あ、フォロワーは1人増えました。

い、意外と効果がない・・1,000円なのでこんなもんでしょうか。

自サイトの宣伝

サイトをリニューアルした際に、そのツイートもTwitter広告に出しました。

条件
  • 目的:エンゲージメント数
  • 予算:2,000円
  • 年齢範囲:21 – 49
  • ターゲティングキーワード:プログラミング

午前の9時から開始し、24時ちょうどで予算を使い切りました。
金曜日でしたが、夜の方がTwitterを利用している方が圧倒的に多いようです。

結果については以下のようになりました。
黄色い部分が広告による結果です。

リンクのクリック数や、いいね数、リツイート数など、2,000円の割には・・という気もしますが、個人のサービス・サイトなので、こんなもんでしょうか。
もっと良いサービスの宣伝だったり、もっと予算を多くすると効果があるのかもしれませんね。

さいごに

今回は、エンゲージメントに対しての課金でした。

インプレッション数に対しては課金されませんので、今回のようにターゲットを絞って長期戦にするか、ターゲットを絞らずに短期戦で行くのか、悩ましいところですね。

ターゲットを絞る
  • メリット:興味を持ってくれるユーザにだけ広告が表示される。エンゲージメント率が上がる、リンクをクリックした場合、サイトの方もきちんと見てくれるかも。
  • デメリット:広告の表示回数が少ない、長期戦。
ターゲットを絞らない
  • メリット:多くのユーザに広告を表示できる。もしかしたら自分が想定していないターゲットに興味を持ってもらえるかも。短期戦。
  • デメリット:興味のないユーザにも表示され、リンクをクリックしても深くまで見てもらえないかも。

何れにせよ、今回はエンゲージメント数に対する課金でしたので、どちらでもエンゲージメント数がおおよそ同じになると思います
個人的には、仮に5,000円の予算だとして、数時間で消化するよりは、一週間程度で消化したほうが楽しめるような気がしました、気持ち的に🙂

今回試してみて、本当に手軽に広告を出せるのは良かったと思います。
広告用の素材とか本文を用意せずとも、ツイートそのものを宣伝できますので。

もう少し広告を出してみようと思いました。
また、気づくことがあれば追記していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました