自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

EvernoteからNotionへデータを移行する方法

ツール
スポンサーリンク

はじめに

私は十年以上Evernoteを、プライベートでも仕事でも毎日使用してきました。
そんな私が去年、Notionへ移行しました。

今回は、EvernoteからNotionへ移行する手順をまとめました。

移行した理由ですが、以下の記事も参考にしてみてください。

移行について

移行する方法は、公式で用意されているツールか、オープンソースで公開されている非公式のツールでもできます。

後述しますが、個人的には非公式ツールをお勧めします。

試しに、Evernoteで作成した以下のノートをそれぞれのツールで移行してみます。

公式の移行ツール

移行

まずは公式の移行ツールで試してみます。
Notionの画面の一番左下のメニューに「インポート」がありますので、クリックします。

Notionへのインポートはブラウザ版でもアプリ版でも可能です。

インポート方法はいくつかありますが、Evernoteを選択します。

Evernoteへサインインします。

権限を確認します。
有効期限は初期値で一年が設定されています。
移行にそれほどかからないので、任意で設定します。

連携が完了しましたので、Evernoteのノートブックの一覧が表示されます。
インポートしたいノートブックにチェックを入れインポートをします。

インポートが始まります。

確認

移行が完了しました。
Evernoteのノートブック単位で、Notionのページが作成されます。
ノートは、データベースの一覧として作成されました。

移行したノートを確認しましょう。

画像が移行されていません
また、チェックリストや文字の装飾、テーブルやコードブロックなどが正しく移行されません。

ノートが文字しかない場合は、使えるでしょう。
私の場合、画像やテーブル、装飾を使っていたため、ほとんどのノートがレイアウトが崩れ、まともに移行できませんでした。

スポンサーリンク

非公式ツール

移行

以下の、enex2notionというツールを使用します。

GitHub - vzhd1701/enex2notion: Import Evernote ENEX files to Notion
Import Evernote ENEX files to Notion. Contribute to vzhd1701/enex2notion development by creating an account on GitHub.

今回はWindowsで説明しますが、Macでも可能です。
Macの手順は以下を参考にしてください。

Notion – The all-in-one workspace for your notes, tasks, wikis, and databases.
A new tool that blends your everyday work apps into one. It's the all-in-one workspace for you and your team

以下のサイトからツールをダウンロードします。

Releases · vzhd1701/enex2notion
Import Evernote ENEX files to Notion. Contribute to vzhd1701/enex2notion development by creating an account on GitHub.

「bin_enex2notion_0.2.25_win_x64.zip」をダウンロードしました。

ダウンロードしたZipファイルを解凍します。
解凍したフォルダの中に、「enex2notion.exe」ファイルが一つあります。

Evernoteからノートをエクスポートします。
ノートは複数選択して、エクスポートすることもできます。
(Evernoteは一度に最大50件のノートを選択可能)

ENEX形式(.enex)ファイルでエクスポートします。

エクスポートしたファイルを「evernote.enex」という名前に変更し、先ほど解凍したフォルダに移動します。

次にNotionのトークンを取得します。
ChromeでNotionにログインします。

Chromeのアドレスバーの左隣の鍵アイコンをクリックし、Cookieを選択します。

「www.notion.so」→「Cookie」→「token_v2」をクリックします。
コンテンツの値をコピーします。
(v02%3Auser_token%3~から始まる文字列)

以降、PowerShellで操作します。

enex2notion.exeがあるフォルダへカレントディレクトリを移動します。

cd C:\Users\xx\Downloads\bin_enex2notion_0.2.25_win_x64

インポートするため、以下のコマンドを実行します。
トークンは、先ほどコピーした文字列になります。

./enex2notion --token トークン --done-file done.txt "evernote.enex"

done-fileを指定すると、途中でインポートツールを終了しても、再度実行時に途中からインポートが行われます。
私の場合インポートするノートの数が多く、結構時間がかかりました。
ツールを実行して気長に待ちましょう。

確認

移行が完了しました。
Evernoteのノートブック単位で、Notionのページが作成されます。

ページを開くと、インポートされたノートがデータベースの一覧として作成されました。

ページを開いてみると完ぺきではないものの、コードブロックやテーブル、画像などもインポートされています。

添付したファイルも正常に移行されます。
後はページを修正し、Notionの整理をしましょう。

Notionは標準でも機能が豊富で、様々な管理を行うことができます。
Notionを使ってパスワード管理を行う例は、以下の記事を参考にしてください。

さいごに

今回は、EvernoteからNotionへ移行する手順をまとめました。
もしEvernoteからNotionへ移行を考えている方に参考になればと思います。

\オススメ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました