自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

EvernoteヘビーユーザーがNotionへ移行した理由

ツール
スポンサーリンク

はじめに

みなさん、メモアプリは何を使っていますでしょうか

私は十年以上Evernoteを、プライベートでも仕事でも毎日使用してきました。
そんな私が去年、Notionへ移行しました。

結論からですが、移行して満足しています。
今回は、移行してみて良かった点などをまとめてみました。

EvernoteからNotionへのデータの移行方法については、以下の記事を参考にしてください。

Notionとは

Notionはメモもできるアプリですが、プロジェクト管理やタスク管理など、オールインワンなアプリです。

データはサーバーに保存され、PCやスマホなどの端末で閲覧・編集が可能です。

データベースが特徴で、ページやタスクを整理しビューで様々な見せ方ができます。
高機能であり、ページを見やすく体系的に整理することができ、個人的にはとても便利に使っています。

自分用のWikipediaのように様々な情報を整理できます。タスクでも情報でも。

きっかけ

私はEvernoteを十年以上、有料会員として使い続けてきました。
(Evernoteの会員登録日は2010年でした)

さらに便利なアプリがないか探していたところ、Notionに出会いました。

2020年にNotionのアカウントを作成しましたが、当時はEvernoteの代替にはならないと諦めていました。

これは、Notionのコンセプトをきちんと私が理解できていなかったためです。
Notionの機能を正しく知ることにより、Evernoteの代わりになり、さらに便利に使えることが分かりました。

もしNotionへ移行しようと考えて一度諦めた方は、まずはデータベースを理解することをお勧めします。

Evernoteのノートブックの一覧が、Notionのデータベースになります。
Notionの醍醐味であり、データベースの概念を押さえるのがポイントです。

スポンサーリンク

EvernoteとNotionのどちらがお勧めか

本題に入る前にお断りですが、EvernoteとNotionを単純比較し、優劣を書きたいわけではありません
用途により、どちらを使うのが良いか変わると思います。

個人的には、以下の場合はEvernoteをお勧めします。

  • メモアプリを使用したことがない
  • シンプルなメモを作成する
  • ドキュメントファイル(エクセルやワードなど)も管理したい

Evernoteはシンプルに使えますし、ドキュメントファイルの管理もできます。
メモをざっと作成しノートブックごとに分けることもできますし、後から検索して探すのも良いでしょう。

使い方も簡単で、複数端末の同期もできますので、手軽に使いたい場合はお勧めです。

そこまで綺麗に高度にノートを作成する必要がない場合は、Evernoteが良いと思います。

逆に現状Evernoteを使用していて、「もっと整理したい」という場合には、個人的にNotionをお勧めしたいです。

Evernoteの使い方

個人的なEvernoteの使い方は以下でした。

  • メモを取り、ざっとノートブックやスタックごとに管理
    技術情報、マニュアル、仕事内容やプライベートに関する情報など、全て一元管理
  • ドキュメント(エクセルやワードなど)を添付し管理
  • ノートを探したい場合は検索して探す
  • パスワード管理
  • スマホやPCでノートを閲覧
  • 仕事仲間とノートを共有して管理

逆に以下の用途では使用しませんでした。

  • Webクリッパーを使って、Webページをノートに保存
  • 画像のOCR検索やPDF内の検索

前者はWebページのURLをノートに貼り、部分的に引用してノートを整理する使い方のため、Webクリッパーは使わなかったです。

元の記事が非公開になるリスクもありますが、困らないように重要な部分だけメモするようにしていました。

画像のOCRやPDFの検索は有料プランでは可能ですが、個人的にはあまり使わない機能でした。

ノートをきれいに整理したい、そこが個人的には重要なポイントです。

Evernoteを利用したパスワード管理の方法は、以下にまとめましたので参考にしてみてください。

Notionへ移行した理由

データベース

Notionの醍醐味はデータベースでしょう。
プロパティを自由に設定できます。

そのため、ノートの一覧や、タスクの一覧、様々なページを管理することができます。
ビューが使えるため、ギャラリービューやボードなどの表示もできます。

単純にノートに書くだけではなく、分かりやすく管理できます。

ページの編集が高機能

Evernoteに比べ、ノートの機能Notionの方が高機能です。

ブロック単位に記述しますが、ブロックの種類が沢山ありページを構成できます。
ブロックを移動することも簡単で、ページの編集が楽です。

目次

まずはページ内に目次が設置できる点です。

見出しを適切に設定することにより、自動的にページ内目次が作られます。
まるでブログ記事のように、情報をまとめられます。

普段GitHubなど、Markdownで記述する機会があるので、個人的には書きやすいです。

Evernoteでは、目次用のノート(ノートのリンク先を貼るだけ)は作成できますが、ページ内目次は作成できません。

Security check

ちなみに少しだけ不満を言うと、ページ内の目次機能については、海外のEvernoteフォーラムでも要望として何年も前から挙がっています。

ちなみに10系のEvernoteでは、見出しを設定できるようになりました。
この見出しの種類で、ページ内目次が作れるのでは・・と思いましたが、未だに目次機能は実装されていません。

新機能の対応が積極的ではないところが、Notionへ移行した理由の一つです。
後述もしますが、Evernoteの編集機能は正直なところ貧弱と言わざるを得ないと思います。

NotionはAI機能の搭載など、革新的な機能をどんどん追加しています。
Evernoteも完成された素晴らしいツールではありますが、その辺が使うかどうかのポイントになると思います。

ページ内リンク

私の使い方ですが、技術情報をまとめたりもします。
特に構築手順をまとめると、ノートが長くなります。

そのため、先に述べたページ内の目次も必要ですが、ページ内リンクも活用しています。
任意のブロックへリンクすることができ、ノートを整理するのに便利です。

Evernoteは、ページへのリンクはできますが、任意の行へのリンクはできません。

コードブロック

Evernoteにもコードブロックはありますが、ハイライトを設定できません。

Notionの場合は、複数言語のハイライトに対応しています。
よくコードを貼りますが、やっぱりハイライトに対応している方が圧倒的に見やすいです。

ノートの機能

挙げだしたらキリがないのですが、例えばコールアウトや、

URLのブックマーク表示機能(URLを貼るだけでタイトルや画像、概要を表示)、

二列の表示など、ノートの編集が高機能です。

エンジニアや私同様に一ページのノートが長い場合は、Notionの方が向いていると思います。

アイコンやヘッダ画像の設定

ページごとに、アイコンやヘッダ画像を設定できます。
おしゃれにもなりますが、何よりも実用的であり、ぱっと見でノートが判別しやすいです。

まるで自分専用のWikipediaやブログを作成しているような、そんな楽しさがNotionにはあります。

その他

その他、Notionにして良かった点は以下です。

  • ブラウザ版はアプリ版と同様に使える。
    わざわざアプリをインストールしなくてもいいし、ローカルにファイルをダウンロードしないので容量を圧迫しない。
  • 階層を自由に設定でき、左メニューが自由に構成できる。
  • ページの編集ロックができる。

また、Notionでパスワードを管理する例を以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

個人的要望

ファイルの直接編集

Evernoteの良いところは、添付したファイルを直接編集できる点です。
ファイルを開いて編集後、自動的に同期されます。

Notionも添付はできますが、直接編集はできず、一度ダウンロードする必要があります。
編集後は、手動でアップロードし直す必要があります。

もちろん、スプレッドシートの活用や他のアイディアもあると思いますが、仕事上、ドキュメントファイルをやり取りする機会が多く、添付ファイルを直接編集できると嬉しいです。

目次

目次は常にサイドに表示していると良いなと思います。
例えばQiitaの例ですが、以下のように表示されていると便利だと思いました。

Chromeの拡張機能で対応できますが、公式で対応して欲しいですね。

見出しの装飾

見出し1や2で装飾が設定できると便利だと思いました。

もちろん、見出しブロックの背景色を設定すれば良いのですが、毎回設定するのは面倒です。
見出しを種類ごとに予め設定できると良いと思いました。

さいごに

今回は、Notionへ移行した理由をまとめました。

もちろんEvernoteも優れたツールですが、個人的にはNotionへ移行して良かったです。
是非、参考にしてみてください。

\オススメ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました