自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【OneNote】パスワード管理

ツール
スポンサーリンク

はじめに

みなさん、パスワード管理は何を使っていますでしょうか

パスワードマネージャーもありますが、今回はOneNoteを使った管理事例をまとめました。
普段メモアプリをOneNoteで利用している場合に参考になると思います。

パスワードマネージャーについて

パスワードを管理できるアプリは、専用のパスワードマネージャー(例:1Password)や、Chromeなどのブラウザに搭載されているパスワードマネージャー、iPhoneのiCloudキーチェーンなど、様々あります。

メリットとしては以下が挙げられます。

メリット
  • PCやスマホなど、複数の端末でログイン情報を連携できる。
  • アプリからブラウザに直接パスワードを入力できる。
  • パスワード以外にも住所などの情報も管理できるアプリもある。

またパスワードマネージャーの他にも、NotionやEvernoteを活用して管理している方もいらっしゃるでしょう。

いずれの場合も、パスワードは大事に保管する必要があります。
特にパスワードの使い回しは不正利用される可能性が非常に高いので、絶対にやめましょう。

私はNotionでパスワードを管理していますが、参考までにNotionのパスワード管理の例は以下を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

OneNoteでパスワードを管理

管理について

OneNoteでパスワードを管理するメリットは以下です。

  • パスワードやその他の情報も、全てOneNoteで一元管理したい。
  • IDやパスワード、秘密の質問、マイナンバーやクレジットカード番号、住所、電話番号、サーバログイン時の秘密鍵(ファイル)など、機密情報を全て管理したい。
  • いつどういう目的で登録したか、いつパスワードを変更したか、退会済みかなどの経緯も記載したい。

デメリットとすると、ログインを行う際に毎回OneNoteを開いて確認する必要がある点です。
私の場合は、よく使うログイン情報はブラウザの保存機能も併用しています。

ページの作成

まずはノートブックに対して、セクションを作成します。

プラスボタンをクリックし、セクション名を入力します。
今回は「パスワード管理」と入力しました。

テーブルを作成しました。

以下のように表にログイン情報をまとめました。

パスワードで保護

ページにIDとパスワードのセットを平文で保存するのは、セキュリティ上のリスクがあります。

  • OneNoteのデータが不正に流出してしまった。
  • 誤ってページを共有していた。
  • 他人にPCやスマホを操作され、OneNoteのページを見られた。

など、パスワード管理のページを見られる可能性がゼロではありません。

万が一流出したり、または、他人にPCを操作されページを見られたら・・念の為パスワードで保護しておくと安心です。

セクションを右クリックし、「このセクションをパスワードで保護」を選択します。

「パスワードの設定」をクリックします。

任意でパスワードを設定します。

セクションはパスワードを入力しないと開くことができなくなるため、安全です。

一時的に解除する場合は、Enterキーを押し、パスワードを入力します。

パスワードによる保護を解除する場合は、「パスワードの解除」を行います。

パスワード管理のように、重要な情報はパスワード保護を活用しましょう。

TXT-Crypter

暗号・復号を簡単に行うことができるサービスを作成しました。

TXT-Crypter
簡単にテキストを暗号・復号でき、秘密情報を守ります

パスワードなど、見られたくない情報を手軽に暗号・復号することができます。
パスフレーズをもとに暗号化し、URLを生成します。
そのURLにアクセスし、パスフレーズを入力することによりいつでも復号できます。

例えば、OneNoteの場合はセクションをパスワード保護することができますが、一部のテキストのみ暗号化したい場合に便利です。

まずはTXT-Crypterにアクセスします。

TXT-Crypter
簡単にテキストを暗号・復号でき、秘密情報を守ります

パスワードなど、暗号化したいテキストを入力します。
また、復号する際のパスフレーズを入力します。

「暗号化」ボタンをクリックすると、復号するためのURLが生成されます。
コピーボタンをクリックし、URLをコピーしておきます。

テキストを選択し、リンクを設定します。

先ほどコピーしたURLを設定します。

これで設定は完了です。
テキストがリンクになりました。暗号化したいテキストを表示したい場合は、リンクをクリックします。

復号できる画面が表示されますので、パスフレーズを入力し復号します。

Notionを使ってパスワード管理を行う例は、以下の記事を参考にしてください。

さいごに

今回は、OneNoteでパスワードを管理する方法をまとめました。

OneNoteにはセクションのパスワード保護がありますので、利用することをお勧めします。
パスワード管理をする際は、セキュリティも意識して活用しましょう。

\オススメ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました