自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

Notion APIを使って実践向け実装

ツール
スポンサーリンク

本記事は3ページにわたって解説しています。

はじめに

今回はNotionのAPIを利用して、実装をしてみます。
データベースの作成や、ページ、ブロックの作成などを試してみます。

一通りの操作を行う実装を解説しておりますので、実戦にも活かせると思います。
本記事ではAPIについて、以下を解説しています。

  • インテグレーションの作成
  • コネクト追加
  • 検索
  • データベースの作成、情報取得、ページリスト取得
  • ページの作成、情報取得
  • ページにブロック追加、更新、削除
  • ユーザ情報を取得

APIでNotionを操作することができますので、アイディア次第では便利に使えますね!
個人的に実現してみたいアイディアもまとめてみました。

Notionについて

私は以前Evernoteを使っていましたが、今はNotionへ移行しました。
その理由をまとめましたので、以下の記事もご覧ください。

EvernoteからNotionへ移行を検討している方は、以下の記事を参考にしてください。

Notionをパスワード管理としても使っています。以下の記事もご覧ください。

スポンサーリンク

Notion APIについて

2021年5月にベータ版として公開されたNotionのAPIですが、現在では正式版になっております。

APIを使って他のツールとNotionを連携
NotionのAPIで何ができるのか、そしてチームがワークフローをカスタマイズするために、どのように連携していくのかを紹介します。

Notion APIに関する記事は沢山ありますが、色々と進化しているため改めて一通りの操作を試してみます。

Notion APIのドキュメントは以下にありますので、詳細は以下を参照ください。

Start building with the Notion API
Connect Notion pages and databases to the tools you use every day, creating powerful workflows.

現時点ではまだ未対応の機能もあり、完全に操作できるわけではありませんが、徐々に対応されていくでしょう。

なお、非公式のNotion APIも存在しております。
非公式の移行ツールでも使われています。

そちらの方がおそらく対応できることは多いと思いますが、今後仕様変更など使えなくなる可能性はありますので、公式APIを使いましょう。

インテグレーションの作成

まず初めに、インテグレーションを作成する必要があります。

インテグレーション管理ページを開きます。

Notion – The all-in-one workspace for your notes, tasks, wikis, and databases.
A new tool that blends your everyday work apps into one. It's the all-in-one workspace for you and your team

「新しいインテグレーション」を選択します。

基本情報を入力します。
名前と画像、関連ワークスペースは任意で入力します。

機能も任意ですが今回、コンテンツの読み込み、更新、挿入を行いますので、以下を選択します。
ユーザ情報も読み取ります。

以下の状態で「送信」をクリックします。

インテグレーション作成後、シークレット情報として、トークンが表示されます。
このトークンは後ほど使いますので、保持しておきます。

コネクト追加

ワークスペースに、任意のページを作成します。

ページのメニューから、「コネクトの追加」を選択し、先ほど作成したインテグレーションを追加します。

「はい」を選択して、コネクトを追加します。

コネクトを追加したページと子ページにだけ、APIで操作ができます。
それ以外のページは操作できません。

次のページでは、APIを利用した実装を解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました