自分だけのクイズを作成しよう - Quipha
スポンサーリンク

【AWS】クライアントからSSH接続・ファイル転送【Lightsail】

【AWS】クライアントからSSH接続・ファイル転送【Lightsail】 AWS

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

はじめに

今回はLightsailで構築したインスタンスに、クライアントPCからSSH接続する方法や、ファイルの転送を行う方法を解説します。

使用するバージョン
  • Windows
  • PuTTY
  • WinSCP

他にも私のブログで、AWSについて解説している記事がありますのでご覧ください。

Lightsailの構築

Lightsailを利用すると、例えばWordPressなどを簡単に構築することができます。
以下の記事を参考にしてください。

Lightsailで構築したアプリにドメインを設定しましょう。
Route 53でドメインの取得方法は以下を参考にしてください。

ドメインの設定方法は以下を参考にしてください。

他社(お名前.comなど)で取得したドメインを設定したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

必ず静的IPアドレスを設定しましょう。

SSH接続

キーのダウンロード

まず、Lightsailで構築したインスタンスにリモート操作する方法の一つとして、ブラウザ上からも行うことができます。

インスタンスのSSHアイコンをクリックします。

Lightsail SSH

ブラウザ上でSSHクライアントが起動し、コマンドを実行することができます。

Lightsail SSH

今回は、クライアントPCからSSH接続する方法を解説します。

クライアントからSSH接続する場合は、SSHキーが必要になります。
インスタンス名をクリックします。

Lightsail インスタン名

Connectタブを開き、「Use your own SSH client」の「Download default key」をクリックし、SSHキーをダウンロードします。

Lightsail Download default key

ちなみにインスタンス作成時にキーを作成した場合は、そちらを使用してください。

Lightsail SSH Key作成

「LightsailDefaultKey-ap-northeast-1.pem」というファイルをダウンロードできました。

PuTTYのインストール

以下のURLからPuTTYのサイトにアクセスします。

Download PuTTY: latest release (0.80)

PuTTYとはリモートクライアントアプリです。

「putty-64bit-0.78-installer.msi」をダウンロードしました。

putty installer msi

PuTTYをインストールします。

putty installer

秘密鍵の作成

ppkファイル(秘密鍵)を作成します。
PuTTYgenを起動し、「Load」ボタンをクリックします。

PuTTYgen

「All Files」を選択し、先ほどダウンロードした「LightsailDefaultKey-ap-northeast-1.pem」を選択します。

PuTTYgen ファイル選択

読み込むと以下のメッセージが表示されました。

---------------------------
PuTTYgen Notice
---------------------------
Successfully imported foreign key
(OpenSSH SSH-2 private key (old PEM format)).
To use this key with PuTTY, you need to
use the "Save private key" command to
save it in PuTTY's own format.
---------------------------
OK   
---------------------------

「Save private key」をクリックし、ppkファイル(秘密鍵)を保存します。

PuTTYでSSH接続

PuTTYを起動します。
Host Nameに、静的IPアドレスを指定します。

PuTTY SSH専属

Connection→SSH→Auth→Credentialsを開き「Private key file for authentication」に、先ほど作成したppkファイルを選択します。

PuTTY Private key file for authentication

SSH接続できました。

PuTTY SSH接続

ログインユーザに「bitnami」と入力するとログインができます。

PuTTY SSH ログイン

次回も接続するため、セッションの設定を保存しておくと便利です。

PuTTY セッション

これでリモート操作できるようになりました。

スポンサーリンク

WinSCPでファイル転送

Lightsailで構築したインスタンスにファイルの転送を行います。
WinSCPをインストールするため、以下のサイトにアクセスします。

WinSCP :: Official Site :: Download
WinSCP is a free file manager for Windows supporting FTP, SFTP, S3 and WebDAV.

ダウンロードを行い、WinSCPをインストールしましょう。

WinSCP ダウンロード

WinSCPを起動します。
Host nameには静的IPアドレスを指定し、User nameには「bitnami」を入力します。

WinSCP ログイン

AdvancedボタンをクリックしSSH→Authenticationを開き、「Private key file」に作成したppkファイルを選択します。

WinSCP Authentication

ログインを行うと、Lightsailのインスタンスに接続できました。

WinSCP ログイン

ファイルのアップロードや、ダウンロードを行うことができます。

さいごに

今回はLightsailで構築したインスタンスに、クライアントPCからSSH接続する方法や、ファイルの転送を行う方法を解説しました。

他にも私のブログで、AWSについて解説している記事がありますのでご覧ください。

\オススメ/
AWSサーバー
スポンサーリンク
この記事を共有
千草をフォローする
管理人

現役のITエンジニア。
気ままにコードや技術情報をまとめています。
Webアプリ/Windows・Macアプリ/モバイルアプリ/機械学習やIoT他。
(Java, PHP, Javascript, Swift, Python, C#, 他)
個人開発:Clibor, Quipha, TXT-Crypter
Kindle本: Laravel9 実践入門, 他

千草をフォローする

個人開発

Cliborはシンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Mac版も公開しています。

自分だけの問題集や問題を作成し、クイズを行い学習に活用しましょう。

簡単にテキストを暗号・復号でき、秘密情報を守ります。

便利なツールを公開しています。
是非、活用してください!

チグサウェブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました