自分だけのクイズを作成しよう - Quipha
スポンサーリンク

【AWS】他社で取得したドメインをLightsailに設定【お名前.com】

【AWS】他社で取得したドメインをLightsailに設定【お名前.com】 AWS

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

はじめに

今回はAWSのLightsailを利用して構築したアプリに、他社ドメインを設定する手順をまとめした。

ドメインはお名前.comで取得した場合を例に説明していきます。

お名前.comへの申し込みは以下からできます。

事前に、お名前.comでドメインを取得しましょう。

他社ドメインではなく、Route 53でドメインを取得した場合のやり方は以下にまとめました。

Lightsailでサイト構築

Lightsailを利用すると、例えばWordPressなどを簡単に構築することができます。
以下の記事を参考にしてください。

構築したアプリはSSL化しましょう。

WordPressの手順ですが、ドメインの設定は他のアプリでも基本的には同様です。

静的IPを設定

Lightsailで作成したインスタンスは、起動すると一つIPアドレスが設定されます。
ただし、インスタンスを停止し再起動すると、IPアドレスが変わってしまいます

Lightsail インスタンス

静的IPについて、インスタンスにアタッチされている場合は、静的IPに対する料金は発生しません。

よくある質問 - Amazon Lightsail | AWS
使いやすいクラウドプラットフォームである Amazon Lightsail のよくある質問に対する回答をご覧ください。

アタッチされていない場合は料金が発生します。

インスタンス名をクリックします。

Lightsail インスタンス

インスタンスの管理画面が表示されます。
「Networking」をクリックします。

Lightsail インスタンス Networking

「IPv4 networking」の「Attach static IP」をクリックします。

Lightsail Attach static IP

静的IPの名前を任意で設定し、「Create and attach」をクリックします。

Lightsail Create and attach

静的IPが作成されました。

Lightsail Static IP created

静的IPアドレスがアタッチされました。
表示されているIPアドレスでサイトにアクセスできることと、インスタンスを再起動してもIPアドレスが変わらないことを確認しましょう。

Lightsail 静的IP

このIPアドレスはドメインの設定で使用しますので控えておきましょう。

スポンサーリンク

Route 53でドメインの設定

ホストゾーンの作成

AWSのコンソールを開き、「Route 53」を検索します。

Route 53

「ホストゾーンの作成」をクリックします。

Route 53 ホストゾーンの作成

他社で取得したドメイン名を入力し、ホストゾーンを作成します。

Route 53 ホストゾーンの作成

ホストゾーンが作成されました。
ホストゾーンの詳細を開き、ネームサーバーを控えておきます。

Route 53 ホストゾーン ネームサーバ

他社ドメインにネームサーバーの設定

今回はお名前.comを例にしますので、管理画面を開きます。
ネームサーバーの設定を開きます。

お名前.com ネームサーバ

取得したドメイン名にチェックを入れ、「他のネームサーバーを利用」を選択します。

お名前.com ネームサーバの変更

Route 53で作成したホストゾーンのネームサーバーを入力します。

お名前.com ネームサーバ

「設定する」をクリックします。

お名前.com ネームサーバ 設定

設定は完了しましたが、反映されるまで24時間から72時間程度かかる場合があります。
実際は直ぐに反映されますが、反映されない場合は時間を置きましょう。

Route 53でレコードの設定

Route 53の設定画面に戻り、作成したホストゾーンの「レコードを作成」をクリックします。

Route 53 レコードの設定

今回はサブドメインを指定しないので、レコード名は空白で大丈夫です。
サブドメインにしたい場合は入力しましょう。

値には既に取得した静的IPアドレスを指定し、「レコードを作成」をクリックします。

Route 53 レコードの設定

正しく反映されたかどうか確認しましょう。
以下のサイトを利用しました。

nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】
サーバー管理者用の支援ページです。nslookupやdigを利用し管理中のDNSサーバーが外部から取得可能か確認できます。DNSの応答や問い合わせ結果を確認することができます。

取得したドメインを入力し、「dig実行」をクリックします。

dig実行

以下の赤枠に、静的IPアドレスが表示されたら正常です。

dig実行 IPアドレス

また、下に表示されている「AUTHORITY SECTION」を確認すると、Route 53のネームサーバーが設定されているのが分かります。

;; AUTHORITY SECTION:
XXX.com.		172790	IN	NS	ns-XXX.awsdns-56.co.uk.
XXX.com.		172790	IN	NS	ns-XXX.awsdns-50.net.
XXX.com.		172790	IN	NS	ns-XXX.awsdns-24.org.
XXX.com.		172790	IN	NS	ns-XXX.awsdns-50.com.

設定したドメインにアクセスしてみましょう。

http://ドメイン名

Lightsailのサイトが表示されました。(WordPressの場合)

Lightsail WordPress

(参考)お名前.comのレコード設定

これまで説明した通り、お名前.comで取得したドメインをRoute 53でレコードの設定を行えるようにしました。

その場合は他社ドメインの方に、Route 53のネームサーバーを指定する必要があります。

Route 53を使用せずとも、他社ドメインの方だけでも設定はできます。
参考までに、もう一つの方法としてその手順を紹介します。

まず、ネームサーバーは初期状態である必要があります。
お名前.comの場合は、以下です。

お名前.com ネームサーバ

ドメインのDNS設定を開きます。

お名前.com ドメインのDNS設定

設定したいドメインを選択して次へ進みます。

お名前.com ドメインのDNS設定

「DNSレコード設定を利用する」の設定をします。

お名前.com DNSレコード設定を利用する

TYPEにAを指定し、VALUEには静的IPを指定し追加ボタンをクリックします。

お名前.com DNSレコード Aレコード

確認画面へ進み、設定を完了します。

お名前.com DNSレコード ネームサーバー

先ほど同様の手順で、ドメインにアクセスしてサイトを開けることを確認しましょう。

さいごに

今回はLightsailを利用して構築したアプリに、他社ドメインを設定する手順をまとめした。

是非、参考にしてみてください。

\オススメ/
AWSサーバー
スポンサーリンク
この記事を共有
千草をフォローする
管理人

現役のITエンジニア。
気ままにコードや技術情報をまとめています。
Webアプリ/Windows・Macアプリ/モバイルアプリ/機械学習やIoT他。
(Java, PHP, Javascript, Swift, Python, C#, 他)
個人開発:Clibor, Quipha, TXT-Crypter
Kindle本: Laravel9 実践入門, 他

千草をフォローする

個人開発

Cliborはシンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Mac版も公開しています。

自分だけの問題集や問題を作成し、クイズを行い学習に活用しましょう。

簡単にテキストを暗号・復号でき、秘密情報を守ります。

便利なツールを公開しています。
是非、活用してください!

コメント