自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【AWS】phpMyAdminを利用する【Lightsail】

AWS
スポンサーリンク

はじめに

今回はLightsailのインスタンスのphpMyAdminにアクセスする方法をまとめました。

他にも私のブログで、AWSについて解説している記事がありますのでご覧ください。

Lightsailの構築

Lightsailを利用すると、例えばWordPressなどを簡単に構築することができます。
以下の記事を参考にしてください。

Lightsailで構築したアプリにドメインを設定しましょう。
Route 53でドメインの取得方法は以下を参考にしてください。

ドメインの設定方法は以下を参考にしてください。

他社(お名前.comなど)で取得したドメインを設定したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

必ず静的IPアドレスを設定しましょう。

phpMyAdminを有効にする

方法

LightsailでphpMyAdminを有効にする方法は、二つあります。

  • SSHトンネルを使用してアクセスする
  • Basic認証を使用してアクセスする

標準でもphpMyAdminはインストールされていますが、以下にアクセスしてみましょう。

https://ドメイン名/phpmyadmin

以下のメッセージが表示されました。
セキュリティの理由で外部からアクセスできないようになっております。

For security reasons, this URL is only accessible using localhost (127.0.0.1) as the hostname.

SSHトンネルを使用した方が、セキュリティ的には高いです。
一方でBasic認証で手軽にphpMyAdminを利用することもできます。

bitnami公式サイトではSSHトンネルを利用した方法で解説しています。

Connect to phpMyAdmin

SSHトンネルを使用する方法

事前にSSHで接続できるようにしましょう。

PuTTYを起動します。
Connection→SSH→Tunnelsを開き、以下を入力します。

  • Source port: 8888
  • Destination: localhost:80

これにより、リモート サーバーのポート (「宛先ポート」) がローカル ホスト (127.0.0.1 またはlocalhost ) のポート (「ソース ポート」) に転送され、安全なトンネルが作成されます。

Addボタンをクリックし、追加します。

Sessionを開いて保存しておきましょう。

Openボタンをクリックし、SSHで接続します。

SSHセッションには、指定された 2 つのポート間の安全な SSH トンネルが含まれるようになります。

以下のURLにアクセスします。
localhostでLightsailへアクセスできます。

http://localhost:8888/phpmyadmin/

phpMyAdminの画面が表示されました。

パスワードについては、アプリへのログインパスワードと同じです。
以下のコマンドで確認できます。

$ cat $HOME/bitnami_application_password
XXXXXXX

ユーザ名は「root」で、パスワードは上記の値を入力します。

phpMyAdminにアクセスすることができました。

スポンサーリンク

Basic認証を使用する方法

Basic認証を利用してアクセスすることもできます。
SSHでリモートでコマンドを実行します。

Confファイルを編集します。

$ vi /opt/bitnami/apache/conf/bitnami/phpmyadmin.conf

以下のような内容になっております。

Alias /phpmyadmin "/opt/bitnami/phpmyadmin"
<Directory "/opt/bitnami/phpmyadmin">
  Options -Indexes +FollowSymLinks -MultiViews
  AllowOverride All
  Require local
  ErrorDocument 403 "For security reasons, this URL is only accessible using localhost (127.0.0.1) as the hostname."
  # AuthType Basic
  # AuthName phpmyadmin
  # AuthUserFile "/opt/bitnami/apache/users"
  # Require valid-user
</Directory>

以下の行のコメントを外します。

  AuthType Basic
  AuthName phpmyadmin
  AuthUserFile "/opt/bitnami/apache/users"
  Require valid-user

Basic認証のユーザとパスワードを作成します。
[USER]、[PASSWORD]は任意で指定してください。

$ sudo /opt/bitnami/apache/bin/htpasswd -cb /opt/bitnami/apache/users [USER] [PASSWORD]

Apache を再起動して、変更を有効にします。

$ sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

今度はlocalhostではなく、ドメインでアクセスします。

https://ドメイン名/phpmyadmin

設定前はアクセスできませんでしたが、Basic認証が表示されるようになりました。

設定したBasic認証のユーザとパスワードを入力します。
phpMyAdminの画面が表示されました。

パスワードについては、アプリへのログインパスワードと同じです。
以下のコマンドで確認できます。

$ cat $HOME/bitnami_application_password
XXXXXXX

ユーザ名は「root」で、パスワードは上記の値を入力します。

phpMyAdminにアクセスすることができました。

さいごに

今回はLightsailのインスタンスのphpMyAdminにアクセスする方法をまとめました。

他にも私のブログで、AWSについて解説している記事がありますのでご覧ください。

\オススメ/
AWSツール
スポンサーリンク
千草をフォローする
管理人

現役のITエンジニア。
気ままにコードや技術情報をまとめています。
Webアプリ/Windows・Macアプリ/モバイルアプリ/機械学習やIoT他。
(Java, PHP, Javascript, Swift, Python, C#, 他)
個人開発:Clibor, Quipha, TXT-Crypter
Kindle本: Laravel9 実践入門, 他

千草をフォローする

個人開発

Cliborはシンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。

自分だけの問題集や問題を作成し、クイズを行い学習に活用しましょう。

チグサウェブ

コメント