自分だけのクイズを作成しよう - Quipha
スポンサーリンク

【AWS】WordPressを構築【Lightsail】

AWS

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

はじめに

今回はAWSにWordpressを構築する手順をまとめました。

2023/04/12 Lightsailに対応した手順に変更しました。

他にも私のブログで、AWSについて解説している記事がありますのでご覧ください。

AWSとは

AWSとは、Amazon Web Servicesの略でAmazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービスです。

Amazon Web Services - Wikipedia

無料枠について

AWSには無料枠があります。

  • 無料トライアル:無料で利用できる期間があるサービス。
  • 12 か月間無料:AWSに最初にサインアップした日から12か月間は無料で利用できるサービス。
  • 常に無料:いつでも無料で利用できるサービス。

詳しくは以下のページをご覧ください。

AWS クラウド無料利用枠 | AWS
AWS 無料利用枠を使用すると、AWS のプラットフォーム、製品、およびサービスを無料でお試しいただけます。各製品ごとの無料利用枠の詳細やご利用開始方法についてご紹介します。

無料枠を指定してサービスを確認することができます。
例えばEC2やS3、RDSは12か月間無料で利用できます。(月ごとの制限がある場合もあります)

トライアルや12か月間無料は、期間が終了すると標準の料金が発生しますので注意が必要です。

無料枠を利用している場合でも請求は確認しましょう。

AWSの請求ダッシュボードを確認します。

実際に私はAWSを利用していますが、料金が発生する場合は以下のように確認することができます。

請求書ページを開き、月ごとにも確認できます。
内訳も見ることができますので、無料枠のサービスを利用している場合は確認してみましょう。

詳細はAWSのドキュメントを参考にして下さい。

AWS Billing and Cost Management の概要 - AWS 請求
Billing and Cost Management コンソールを使用して AWS の支払い方法を管理し、請求書を支払います。

料金について

後述しますが、今回WordPressを構築するにあたって、Lightsailを利用して構築します。
3か月間の無料期間があり、月額固定プランになります。

スポンサーリンク

WordPress構築

インスタンス作成

AWSでWordPressの構築を行う場合、Lightsailを利用することによって簡単に構築ができます。
また、価格がリーズナブルであり、固定価格モデルもあります。

EC2とLightsailの違いは以下をご覧ください。

Amazon EC2 と Amazon Lightsail を比較する
仮想サーバーを使ってアプリケーションを実行したいと考えています。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) と Amazon Lightsail の違いは何ですか。

AWS マネジメントコンソールを開きます。
Lightsailを検索しクリックします。

Lightsailの画面が開きました。
「Create instance」をクリックします。

リージョンとアベイラビリティーゾーンを選択します。
デフォルトのまま、東京を選択しました。

プラットフォームはLinux/Unixを選択します。

ブループリントの中から、WordPressを選択します。

DrupalやJoomlaなど、様々なアプリを選択できます。

Optionalは選択せずに進みます。

固定の月額プランを選択します。
最小が3.5ドルから選択でき、料金によってスペックが変わります。
「First 3 months free!」と書いているプランは3か月間無料となります。 (最大 750 時間)

プランは後からアップグレードすることができます。
まずは最小プランを選択しても良いでしょう。

また、EC2へ移行することもできます。

インスタンス名を任意で入力します。
「Create instance」ボタンをクリックします。

インスタンスが作成されました。

WordPressにアクセス

しばらくすると、以下のような画面になり起動します。
SSHアイコンをクリックします。

ブラウザ上でSSHクライアントが起動し、コマンドを実行することができます。

以下のコマンドを実行すると、パスワードが表示されますので、控えておきます

$ cat $HOME/bitnami_application_password
XXXXXXX

インスタンスのIPアドレスを確認します。

以下のURLにアクセスしましょう。

http://IPアドレス

WordPressの画面が表示されました。

管理画面にアクセスします。

http://IPアドレス/wp-login.php

Usernameに「user」を指定し、先ほど控えたパスワードを入力します。

管理画面へアクセスすることができました。

メリット・デメリット

Lightsailのメリットしては、リーズナブルな値段でありながら手軽に構築することができる点です。
WordPressはもちろん、他のアプリの構築もできます。
また、AWSの勉強をしたいという人にとっても良いと思います。

AWS以外でWordPressを構築する方法として、レンタルサーバーという選択肢もあります。
レンタルサーバーのメリットとして、もちろんリーズナブルでありながらミドルウェアの保守などは不要ですので、運用面で楽です。

レンタルサーバーの場合であれば、リソースが許せば複数のサイトを構築することもできます。
ただし、レンタルサーバーの場合はサーバーに複数のサイト(ユーザ)が同居しており、リソースが奪われたり、IPアドレスを共有する場合もありますので、万が一メールサーバーにブラックリストとして登録されるリスクもあります。

そういう意味では、Lightsailの場合はIPアドレスやリソースはインスタンスごとに用意されます。
その他のVPSと比較しても、非常にリーズナブルで簡単に構築できるのがメリットでしょう。
また、Lightsailであれば後からプランを上げたり、EC2へ移行することも可能ですので、拡張性という意味でも良いと思います。

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法は、以下の記事を参考にしてください。

さらに設定

Lightsailで構築したアプリにドメインを設定しましょう。
Route 53でドメインの取得方法は以下を参考にしてください。

ドメインの設定方法は以下を参考にしてください。

他社(お名前.comなど)で取得したドメインを設定したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

さらにサイトはSSL化しましょう。

SSHでリモート操作したり、ファイルの転送を行うこともできます。

phpMyAdminを利用して、MySQLのデータを操作することができます。

さいごに

AWSを使ってサクッと環境を用意できるのは便利ですね!

他にも私のブログで、AWSについて解説している記事がありますのでご覧ください。

\オススメ/
AWSWordpressサーバーツール
スポンサーリンク
この記事を共有
千草をフォローする
管理人

現役のITエンジニア。
気ままにコードや技術情報をまとめています。
Webアプリ/Windows・Macアプリ/モバイルアプリ/機械学習やIoT他。
(Java, PHP, Javascript, Swift, Python, C#, 他)
個人開発:Clibor, Quipha, TXT-Crypter
Kindle本: Laravel9 実践入門, 他

千草をフォローする

個人開発

Cliborはシンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Mac版も公開しています。

自分だけの問題集や問題を作成し、クイズを行い学習に活用しましょう。

簡単にテキストを暗号・復号でき、秘密情報を守ります。

便利なツールを公開しています。
是非、活用してください!

チグサウェブ

コメント