自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【C++】VS2019にインストールと実行

C++
スポンサーリンク

はじめに

Visual Studio 2019でC++の開発のための準備をしてみたいと思います。

C++(シープラスプラス)は、汎用プログラミング言語のひとつである。日本語話者の間では「シープラプラ」または「シープラ」と通称される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/C%2B%2B

インストール

Visual Studio 2019のインストールを行います。
C++によるデスクトップ開発を選択してインストールを行います。

Visual Studioのインストール方法は、以下の記事を参考にして下さい。

プロジェクトの作成

Visual Studio 2019を起動して、新しいプロジェクトの作成をクリックします。

今回は、コンソールアプリを選択して次へボタンをクリックします。

プロジェクト名、保存場所を指定して作成します。

プロジェクトを作成することができました。

実行

プロジェクト作成後は、以下のようにHello World!コードが記載されています。

// ConsoleApplication1.cpp : このファイルには 'main' 関数が含まれています。プログラム実行の開始と終了がそこで行われます。
//

#include <iostream>

int main()
{
    std::cout << "Hello World!\n";
}

// プログラムの実行: Ctrl + F5 または [デバッグ] > [デバッグなしで開始] メニュー
// プログラムのデバッグ: F5 または [デバッグ] > [デバッグの開始] メニュー

// 作業を開始するためのヒント: 
//    1. ソリューション エクスプローラー ウィンドウを使用してファイルを追加/管理します 
//   2. チーム エクスプローラー ウィンドウを使用してソース管理に接続します
//   3. 出力ウィンドウを使用して、ビルド出力とその他のメッセージを表示します
//   4. エラー一覧ウィンドウを使用してエラーを表示します
//   5. [プロジェクト] > [新しい項目の追加] と移動して新しいコード ファイルを作成するか、[プロジェクト] > [既存の項目の追加] と移動して既存のコード ファイルをプロジェクトに追加します
//   6. 後ほどこのプロジェクトを再び開く場合、[ファイル] > [開く] > [プロジェクト] と移動して .sln ファイルを選択します

ローカルWindowsデバッガーをクリックします。

デバッグコンソールが起動され、Hello World!が表示されたらOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました