自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【WordPress】その写真、位置情報入ってますよ!

Wordpress
スポンサーリンク

はじめに

みなさん、スマホで写真をよく撮りますよね?🙂
iPhoneで写真を撮ると、その写真がどの場所で撮影されたのかを確認することができます。
(GPS情報)

自分だけや友達同士で写真を見る分には問題ありませんが、ブログなどに写真を載せる場合は注意が必要です。

今回は、実際に投稿された写真の位置情報の確認と、WordPressでの対策方法をまとめました。

Exifとは

写真ファイルにはExifと呼ばれる、撮影に関する情報が記録されています。
(もちろん設定によりますが)

カメラの機種や撮影時の条件情報を画像に埋め込んでいて、ビューワやフォトレタッチソフトなどで参照、応用することができる。Exif2.2ではExif Printという規格を組み込んでおり、撮影時の条件情報を元に自動的に最適化を行って、的確な状態でプリント出力を可能にしている。また撮影者や著作権情報、コメントなど付随することが出来る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Exchangeable_image_file_format

その中の一つに「位置情報」が含まれています。

Windowsに保存した写真ファイルを右クリックし、プロパティから確認することができます。

ファイルのExif情報を削除する場合、「プロパティや個人情報を削除」をクリックします。

OKボタンをクリックするとExif情報を削除することができます。

WordPressに写真をアップロード

写真をアップロード

次に、Exif情報が付加されている写真を、WordPressにアップロードしてみます。
WordPressの場合、Exif情報はそのまま残りますので、位置情報が含まれる写真は要注意です。

例えば、Exif情報が含まれる写真をWordPressにアップロードしました。

Exif情報の確認 (EXIF Viewer Classic)

アップロードされた写真に、Exif情報が含まれているか確認してみましょう。

Chromeを使用していますが、EXIF Viewer Classicという拡張機能をインストールします。
ブラウザで表示されている画像のExif情報を見ることができます。

EXIF Viewer Classic
Quickly access EXIF data of your photos

それでは先程アップロードした写真を表示してみます。
WordPress上にアップロードされた写真に、マウスカーソルを当てると以下のような表示になります。
これは、写真のExif情報を表示しています。

iPhoneで撮影されていること、時間なども分かります。
GPSボタンをクリックしてみます。

なんと、写真に含まれている位置情報をグーグルマップで確認することができました。

つまりWordPressでは、アップロードされた写真のExif情報はそのまま残っていることが確認できました。

もし、自宅で撮影した写真をそのままアップしたとすると・・
恐ろしいですね😱

各SNSの対応状況

ちなみに、主要なSNS(TwitterやFacebook等)は、写真をアップロードした際にExif情報は削除されるので大丈夫です。

WordPressのプラグインで対応 (EWWW Image Optimizer)

毎回Exif情報を、写真のプロパティから削除するのは面倒なので、WordPressのプラグインで対応します。

EWWW Image Optimizerというプラグインをインストールします。
WordPressのプラグインの新規追加を行います。

EWWW Image Optimizer

プラグインを有効にすると、以下の画面が表示されました。
とりあえず「I know what I’m doing, leave me alone!」をクリックしました。

次に設定画面が表示されました。
「メタデータを削除」にデフォルトでチェックが入っていることを確認します。

EXIF やコメント、カラープロファイルなどピクセルデータでないすべてのメタデータを削除します。

また、最近のWordPressでは、大きい画像をアップロードすると縮小する機能があり、元画像に対しても最適化を行う必要があります。

「Enable Ludicrous Mode」をクリックします。

EWWW Image Optimizerの設定

「上級者向けタブ」を開き、「WordPress によって縮小された画像の元の画像を最適化します。」にチェックを入れます。

この設定のまま、再度、位置情報付きの写真をWordPressにアップロードしてみます。
今度は「EXIF データなし」と表示され、位置情報も確認できなくなりました。

なお、既にアップロード済みの写真を対応する場合は、メディア→一括最適化を行います。

一括最適化画面が表示されました。

以下の警告が表示されました。変換時に画像に問題が出る可能性もありますので、実施前にはバックアップをしておきましょう。

一括最適化は元の画像を変更するため、元に戻すことはできません。続行する前に、必ず画像のバックアップを取ってください。

「最適化されていない画像をスキャンする」ボタンをクリックします。
最適化ボタンをクリックすると、処理が始まりました。

しばらく時間がかかりますが、待ちます。

完了後、既にアップロード済みの写真のExifを確認すると、「EXIF データなし」となっていました。

とはいえ今後、EWWW Image Optimizerプラグインに不具合が無いとも言い切れないので、Exif情報を削除した上で、画像のアップロードを行うほうが無難ですね。

最後に

みなさんも、自宅の位置情報を公開していないか、今一度確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました