自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【VS Code】ポータブル版の利用 【Windows/M1 Mac対応】

VS Code
スポンサーリンク

はじめに

みなさんプログラミングの際にVS Codeを使っていますでしょうか。
私はよく使っています!

とても軽量ですし、必要最低限の機能はもちろん、ソースの管理や、デバッグ、強力な拡張機能など、非常に気に入っております。

今回はポータブル版のインストールをしてみます。

ポータブル版ですので、USBに設定や拡張機能を保存し持ち運ぶこともできます。
あまりケースとしてはないかもしれませんが、既にインストーラ版のVS Codeを使用している場合に、別途、初期状態のVS Codeを使用することができますので便利です。

他にも私のブログで、VS Codeについて解説している記事がありますのでご覧ください。

使用するバージョン
  • Windows 11 / 10
  • macOS Monterey (M1)
  • Visual Studio Code
スポンサーリンク

Windows

Zip版VS Codeのインストール

以下の公式ページよりダウンロードします。

Download Visual Studio Code - Mac, Linux, Windows
Visual Studio Code is free and available on your favorite platform - Linux, macOS, and Windows. Download Visual Studio Code to experience a redefined code edit...

私のマシンは64bitなので、64bit版をダウンロードします。

zipファイルをダウンロードし、解凍します。
Code.exeがVS Code本体になります。

この時、既にインストーラ版のVS Codeを使用している場合は、Code.exeを起動すると設定がされた状態になります
VS Codeは以下の場所にユーザ情報を保存しています。

拡張機能: C:\Users\ユーザ\.vscode
設定: C:\Users\ユーザ\AppData\Roaming\Code

Zip版のVS Codeも上記のフォルダの設定などを参照するため、設定が共有されます。
設定を別にする場合は、先程解凍したフォルダに「data」フォルダを作成します。

再度、VS Codeを起動します。
そうすると初期状態で起動されました。

拡張機能や設定情報は、先ほど作成した「data」フォルダの中に格納されていきますので、USBメモリなどに入れてポータブル版として使用できますね!

逆にポータブル版ではない場合、VS Codeのアンインストール時は以下のフォルダを削除すると完全に初期化できます。

拡張機能: C:\Users\ユーザ\.vscode
設定: C:\Users\ユーザ\AppData\Roaming\Code

Insidersビルドの場合

先行して機能を使用したい場合、VS CodeのInsidersビルド版を使用することもあると思います。
その場合は、下記のフォルダに設定などが格納されているようです。

拡張機能: C:\Users\ユーザ\.vscode-insiders
設定: C:\Users\ユーザ\AppData\Roaming\Code – Insiders

Mac

VS Codeのダウンロード

通常通りVS Codeをダウンロードします。

Download Visual Studio Code - Mac, Linux, Windows
Visual Studio Code is free and available on your favorite platform - Linux, macOS, and Windows. Download Visual Studio Code to experience a redefined code edit...

Mac版のVS Codeをダウンロードします。
今回はM1チップのMacを使用しているため、「Apple Silicon」を選択しました。

zipファイルがダウンロードされますので、ダブルクリックで解凍します。
Visual Studio Code.appというファイルが展開されます。

Visual Studio Code.appを任意の場所に移動します。
今回はvscode-portableフォルダを作成し、その中へ移動しました。

この時、既にインストーラ版のVS Codeを使用している場合は、VS Codeを起動すると設定がされた状態になります
VS Codeは以下の場所にユーザ情報を保存しています。

拡張機能: ~/.vscode/extensions
設定: ~/Library/Application Support/Code

VS Codeは上記のフォルダの設定などを参照するため、設定が共有されます。
ポータブル版として起動するには、Visual Studio Code.appと同じ階層に「code-portable-data」フォルダを作成します。

VS CodeのInsidersビルド版の場合は、「code-insiders-portable-data」というフォルダ名になります。

VS Codeを起動します。
警告が表示されますが、「開く」を選択します。

VS Codeが初期状態で起動されました。

拡張機能や設定情報は、先ほど作成した「code-portable-data」フォルダの中に格納されていきますので、USBメモリなどに入れてポータブル版として使用できますね!

逆にポータブル版ではない場合、VS Codeのアンインストール時は以下のフォルダを削除すると完全に初期化できます。

拡張機能: ~/.vscode/extensions
設定: ~/Library/Application Support/Code

さいごに

VS Codeはとても軽量で便利ですので、開発プロジェクトごとに環境を分けても良いかもしれませんね!

他にも私のブログで、VS Codeについて解説している記事がありますのでご覧ください。

コメント

  1. りゅう より:

    VscodeがUSBで操作できることはしりませんでした。デスクトップ版をインストールしたばかりです。が、デスクトップ版をそのままにして、USB版を作成することは可能ですか。デスクトップ版をアンインストールしなければならない場合、

    > 以下のフォルダを削除すると完全に初期化できます。
    > 拡張機能: ~/.vscode/extensions
    > 設定: ~/Library/Application Support/Code

    この場合、フォルダーはどこにあるのでしょうか

  2. 千草 より:

    アプリケーションフォルダへ移動したVS Code(インストールしたもの)は、アンインストールしなくてもポータブル版は別途作れます。

    > フォルダーはどこにあるのでしょうか

    ユーザホームにあります。
    隠しフォルダになっていますので、Finderからアクセスする場合は、「command」+「shift」+「.」 で表示されます。

タイトルとURLをコピーしました