自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【Laravel】SailのPHPバージョンを変更

Laravel
スポンサーリンク

はじめに

今回は、Laravel SailのPHPのバージョンの変更方法をまとめました。
WindowsでもMacでも同様の手順です。

Laravel Sailでプロジェクトを作成する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

Windows
Mac
使用するバージョンなど
  • Windows 11 or macOS Monterey (M1)
  • Laravel 8 or 9 or 10
  • Sail

2022/10/01 WindowsとMacを使い、最新バージョンで確認しました。
2023/03/11 Laravel10で確認しました。

他にも私のブログで、Laravelについて解説している記事がありますのでご覧ください。

【紹介】個人開発

私の個人開発ですがQuiphaというサービスを開発しました。(Laravel, Vue3など)
良かったら、会員登録して動作を試してみて下さい。

また、Laravel 9 実践入門という書籍を出版しました。
Kindle Unlimitedを契約している方であれば、読み放題で無料でご覧いただくことができます

是非多くの方に読んでいただき、Laravelの開発に少しでもお役に立てたら幸いです。

VS Codeの用意

VS Codeのインストール方法は、以下の記事にまとめましたのでご覧ください。

設定方法は以下を参考にしてください。

スポンサーリンク

Sailカスタマイズ

docker-compose.yml

docker-compose.ymlはこのようになっていました。
Laravel10の最新のSailでは、PHP8.2がデフォルトになっています。

# For more information: https://laravel.com/docs/sail
version: '3'
services:
    laravel.test:
        build:
            context: ./vendor/laravel/sail/runtimes/8.2
            dockerfile: Dockerfile
            args:
                WWWGROUP: '${WWWGROUP}'
        image: sail-8.2/app
        extra_hosts:
            - 'host.docker.internal:host-gateway'
        ports:
            - '${APP_PORT:-80}:80'
            - '${VITE_PORT:-5173}:${VITE_PORT:-5173}'
        environment:
            WWWUSER: '${WWWUSER}'
            LARAVEL_SAIL: 1
            XDEBUG_MODE: '${SAIL_XDEBUG_MODE:-off}'
            XDEBUG_CONFIG: '${SAIL_XDEBUG_CONFIG:-client_host=host.docker.internal}'
        volumes:
            - '.:/var/www/html'
        networks:
            - sail
        depends_on:
            - mysql
            - redis
            - meilisearch
            - mailpit
            - selenium
    mysql:
        image: 'mysql/mysql-server:8.0'
        ports:
            - '${FORWARD_DB_PORT:-3306}:3306'
        environment:
            MYSQL_ROOT_PASSWORD: '${DB_PASSWORD}'
            MYSQL_ROOT_HOST: '%'
            MYSQL_DATABASE: '${DB_DATABASE}'
            MYSQL_USER: '${DB_USERNAME}'
            MYSQL_PASSWORD: '${DB_PASSWORD}'
            MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: 1
        volumes:
            - 'sail-mysql:/var/lib/mysql'
            - './vendor/laravel/sail/database/mysql/create-testing-database.sh:/docker-entrypoint-initdb.d/10-create-testing-database.sh'
        networks:
            - sail
        healthcheck:
            test:
                - CMD
                - mysqladmin
                - ping
                - '-p${DB_PASSWORD}'
            retries: 3
            timeout: 5s
    redis:
        image: 'redis:alpine'
        ports:
            - '${FORWARD_REDIS_PORT:-6379}:6379'
        volumes:
            - 'sail-redis:/data'
        networks:
            - sail
        healthcheck:
            test:
                - CMD
                - redis-cli
                - ping
            retries: 3
            timeout: 5s
    meilisearch:
        image: 'getmeili/meilisearch:latest'
        ports:
            - '${FORWARD_MEILISEARCH_PORT:-7700}:7700'
        volumes:
            - 'sail-meilisearch:/meili_data'
        networks:
            - sail
        healthcheck:
            test:
                - CMD
                - wget
                - '--no-verbose'
                - '--spider'
                - 'http://localhost:7700/health'
            retries: 3
            timeout: 5s
    mailpit:
        image: 'axllent/mailpit:latest'
        ports:
            - '${FORWARD_MAILPIT_PORT:-1025}:1025'
            - '${FORWARD_MAILPIT_DASHBOARD_PORT:-8025}:8025'
        networks:
            - sail
    selenium:
        image: selenium/standalone-chrome
        extra_hosts:
            - 'host.docker.internal:host-gateway'
        volumes:
            - '/dev/shm:/dev/shm'
        networks:
            - sail
networks:
    sail:
        driver: bridge
volumes:
    sail-mysql:
        driver: local
    sail-redis:
        driver: local
    sail-meilisearch:
        driver: local

PHPのバージョンの変更

Sailのカスタマイズができます。
ここではPHPのバージョンを変更してみましょう。

Sailは現在、PHP8.2、PHP8.1、PHP8.0、PHP7.4を利用したアプリケーションの実行をサポートしています。

https://readouble.com/laravel/10.x/ja/sail.html

Laravel9 の要件はPHP8.0以上、Laravel10はPHP8.1以上ですので注意が必要です。

現時点では、以下のバージョンが入っていました。

sail php --version

PHP 8.2.3 (cli) (built: Feb 14 2023 16:58:12) (NTS)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.2.3, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v8.2.3, Copyright (c), by Zend Technologies
    with Xdebug v3.2.0, Copyright (c) 2002-2022, by Derick Rethans

プロジェクト直下にあるdocker-compose.ymlを開きます。
以下の箇所を確認しましょう。

        build:
            context: ./vendor/laravel/sail/runtimes/8.2

PHP8.1に変更してみましょう。

        build:
            context: ./vendor/laravel/sail/runtimes/8.1

Dockerのimage名も変更しておきましょう。

image: sail-8.1/app

余談ですが、Dockerイメージとして作成されますので、Docker Desktopから確認することができます。
例えばsail-8.1/appというのがPHP環境のイメージです。

Dockerイメージとコンテナを再構築するために、以下のコマンドを実行します。
イメージがビルドされるため、時間がかかります。

sail build --no-cache
sail up

改めてプロジェクトのPHPのバージョンを確認したところ、正常にPHP8.1になっていました。

sail php --version

PHP 8.1.16 (cli) (built: Feb 14 2023 18:35:37) (NTS)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.1.16, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v8.1.16, Copyright (c), by Zend Technologies
    with Xdebug v3.2.0, Copyright (c) 2002-2022, by Derick Rethans

その他

初学者へ

Laravelを初めて触る方へ向け、手順やアドバイスをまとめました。

外部サーバーへ公開

作成したアプリは公開して使ってもらいましょう!
Laravelアプリケーションを外部公開する方法をまとめました。

脆弱性対策

脆弱性を抱えたアプリケーションの場合、攻撃を受ける可能性があり大変危険です。
作成したアプリケーションは、脆弱性対策も意識しましょう。

GitHubと連携

GitHubと連携する方法を解説しました。
プロジェクトの管理はGitHubを活用しましょう。

さいごに

今回は、Laravel SailのPHPのバージョンの変更方法をまとめました。

他にも私のブログで、Laravelについて解説している記事がありますのでご覧ください。

\オススメ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました