自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【Xcode】dmgファイルの作成方法【Macアプリ】

Swift
スポンサーリンク

はじめに

今回はMacアプリを配布するために、インストーラ(dmgファイル)の作成手順をまとめました。
App Storeから配布ではなく、自分でアプリを配布する場合に役立ちます

別記事では、アプリの公証を行う手順をまとめました。
こちらでは、zipファイルで配布する手順となっております。

Macアプリをインストールするためのファイルとして、よくdmgファイルが利用されます。
自分で作成したアプリを配布するために、dmgファイルを作成してみましょう。

使用するバージョン
  • macOS Monterey (M1)
  • Xcode 13
  • Swift 5
  • SwiftUI
スポンサーリンク

【紹介】個人開発

Mac向けの、定型文の挿入も可能なクリップボード履歴管理アプリです。
Windows版は以前からありましたが、基本的な使い方はMac版も同じですので、もしよかったらダウンロードしてみてください。

  • Xcode
  • Swift 5
  • SwiftUI
  • Realm Database
  • Appleによる公証済み

参考

Xcode : Mac用アプリをMac App Storeを使用せずに個人配布する|配布用.dmgファイルの作成
Mac用アプリの出力ができたらみんなに使ってもらうのに配布する。せっかく配布するなら、市販アプリと同じようなディスクイメージファイルを作ってかっこよく配布しよう!おもったより面倒でしたし、デザインがいけてないのは許してください(笑)最後まで

準備

サンプルアプリを作成するためには、以下を参考にプロジェクトを作成してください。

任意のappファイルを作成してください。
本記事ではClibor for Macを使用して解説していますが、手順は同じです。

dmgファイルとは

dmgファイルとは、仮想のディスクイメージです。
よくアプリのインストーラとしても使用されます。

dmgファイルをインストーラと呼ぶと語弊がありますが、本記事ではインストールに利用するため、インストーラと呼びます。

App Store以外からアプリをインストールしようとした場合、dmgファイルをダウンロードしたことがあると思います。

dmgファイルをダブルクリックで開いてみましょう。
仮想ディスクイメージがマウントされ、デスクトップにアイコンが作成されました。

起動すると以下のような画面が表示されます。

アプリアイコンをドラッグ&ドロップするだけで、インストールが完了します。
実際はApplicationsフォルダへアプリをコピーしているだけですが、直感的で分かりやすいと思います。

インストール後は不要になりますので、マウントを解除するにはアイコンを右クリックし「取り出す」を選択します。

Clibor for Macのインストール手順でも解説していますので、参考にしてみてください。

背景画像の作成

まずはインストーラの背景画像を作成します。
私はCanvaというツールを使用しました。

Canvaとは、無料で使えるオンラインのグラフィックデザインツールです。
ブラウザベースで編集することができ、とても便利です。
何かと便利ですので、アカウントの登録は済ませておきましょう。

「デザインを作成」をクリックし、「カスタムサイズ」を選択し、画像のサイズを指定します。

任意ですが、今回は1200 x 750pxで作成しました。

デザインは任意です。
ドラッグ&ドロップしてもらうため、分かりやすいように矢印は配置しておきましょう。

他のアプリのdmgファイルを参考にしてみてください。

作成したイメージを、「backImage@2x.png」というファイル名で保存します。

作成した画像の、半分のサイズの画像も作成します。
「backImage@2x.png」をコピーして、「backImage.png」というファイルを作成します。
画像をダブルクリックで開き、プレビューを表示します。

ツールメニューから、「サイズを調整」を選択します。

以下のように指定して、半分のサイズの画像にリサイズします。

「backImage@2x.png」と「backImage.png」という二つのファイルが作成できました。
ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

% tiffutil -cathidpicheck backImage.png backImage@2x.png -out backImage.tiff

警告が表示されましたが、「backImage.tiff」ファイルが作成されました。
後ほどこの画像を使用します。

Warning: Sizes of concatenated images do not follow Aqua guidelines for resolution independent multi-image TIFFs.
Please provide two images, one with exactly twice the pixel width as the other.
Image 1 in file backImage.png: 281.25×450 points (375×600 pixels, 96×96 dpi)
Image 1 in file backImage@2x.png: 562.5×900 points (750×1200 pixels, 96×96 dpi)
2 images written to backImage.tiff.

スポンサーリンク

dmgファイルの作成

空のイメージを作成

ディスクユーティリティを起動します。

ファイル→新規イメージ→「空のイメージを作成」を選択します。

以下のように入力しました。

ファイルフォーマットについては、「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択します。
(APFSの場合、後述するディスクイメージを作成できないため)

別途イメージを出力し直しますので、ここではサイズは100MBで大丈夫です。

空のイメージが作成されました。

ファイルの用意

Applicationsフォルダのエイリアス

次にディスクイメージに保存するファイルを用意します。

Applicationsフォルダのエイリアスを作成します。
Finderから、アプリケーションフォルダを右クリックし、「エイリアスを作成」を選択します。

アプリケーションフォルダは、Macintosh HDの直下にあります。

デスクトップにエイリアスが作成されますので、「Applications」という名前に変更しておきます。

リソースフォルダの作成

任意の場所に、「.resource」フォルダを作成します。

作成時に、以下のメッセージが表示される場合は、隠しフォルダを表示するように設定してください。
Finderで隠しフォルダ・ファイルを表示するためには、「Command + Shift + .」キーを押します。

“.”(ドット)で始まる名前はシステムだけが使用できます。別の名前を指定してください。

隠しフォルダを表示している場合は、以下のメッセージが表示され、フォルダを作成できます。

“.”(ドット)で始まる名前を使ってもよろしいですか?この名前の付いた項目は不可視ファイルとして取り扱われ、表示されなくなってしまいます。

「.resource」フォルダに、「backImage.tiff」ファイルをコピーします。

これで、ディスクイメージに格納するファイル一式が揃いました。

appファイルは、各自用意してください。

ディスクイメージに格納

事前に作成した空のイメージを開きます。
用意した各種ファイルをドラッグ&ドロップで格納します。

格納ファイル・フォルダ
  • appファイル
  • Applicationsフォルダのエイリアス
  • .resourceフォルダ

格納できました。

ディスクイメージフォルダの空白部分を右クリックし、「表示オプションを表示」を選択します。

表示オプションが表示されますので、背景画像に「ピクチャ」を選択します。

「.resource」フォルダを開きます。
イメージをドラッグするのにちょっとコツがいるのですが、「.resource」フォルダを開き、ディスクイメージフォルダを前面に表示したまま、「backImage.tiff」ファイルをドラッグします。

うまく背景がセットされると以下のようになります。

アイコンサイズは任意ですが、120にしました。
アイコンを以下のように配置します。

ウィンドウサイズを調整します。
最終的に以下のようになりました。

スポンサーリンク

dmgファイルの出力

再度、ディスクユーティリティを起動します。
作成したディスクイメージを選択し、ファイル→新規イメージ→「Clibor v1.0からイメージを作成」を選択します。

名前と場所は任意で入力し、dmgファイルを保存します。

以上で手順は完了です。ここで出力したdmgファイルを配布しましょう。

途中で作成した「Clibor_v10.dmg」は削除しても大丈夫です。

最終的に作成したdmgファイルをダブルクリックで開き、アプリケーションがインストールできるか試してみましょう。

補足

途中で作成されるイメージですが、ファイルサイズが100MBとなっています。
(空のイメージを作成する際に指定しているため)

最終的に出力されるdmgファイルは、ファイルサイズが小さくなることが確認できます。
(左が途中で作成されるイメージ、右が最終的に出力したイメージ)

出力した後のdmgファイルを配布するようにしましょう。

さいごに

Macアプリを配布するための、インストーラ(dmg)ファイルの作成手順をまとめました。
是非、参考にしてみてください。

他にも私のブログで、Swiftについて解説している記事がありますのでご覧ください。

\オススメ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました