自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【Mac クリップボード履歴】Cliborの使い方

Mac
スポンサーリンク

はじめに

今回は私が開発した、Macでクリップボードの履歴が管理できるCliborを紹介します。

Cliborを利用することにより、クリップボードの履歴(テキスト)を管理することができます。
また普段よく使うワードを定型文として登録し、いつでもクリップボードに保存することができます。

プログラミングや、ブログの記事を書いたり、テキストを入力する際に役立つアプリです。

フリーソフトですので公式サイトをご覧いただき、是非ダウンロードしてみてください。

使用するバージョン
  • macOS Monterey (M1 or Intel)
スポンサーリンク

技術情報

Cliborを開発するにあたって、以下の技術を使用しました。
本ブログにも技術情報を公開しておりますので、ご覧ください。

  • Xcode
  • Swift 5
  • SwiftUI
  • Realm Database
  • Appleによる公証済み

インストール

以下のページから、dmgファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたdmgファイルを開き、ドラッグ・アンド・ドロップでインストールします。

Cliborアイコンをクリックして起動します。

初回起動時のみ、以下のようなダイアログが表示されますので、「開く」をクリックします。

起動後はメニューバーにアイコンが表示され、常駐します。
(以下の一番左のアイコン)

その他、初期設定につきましては以下の記事を参考にしてください。

基本的な使い方

クリップボード履歴

キーボードのcommandキーを二回素早く押すことにより、Cliborのメイン画面を表示することができます。

Cliborは、自動でクリップボードを監視しており、コピーされる度に履歴を保存します。

キーボードでの操作もできます。
以下の左の枠の部分がショートカットキーになっておりますので、該当のキーを押すことにより選択ができます。

履歴は最大10,000件保存ができます。

定型文

よく使用する文章を定型文に登録することによって、いつでもクリップボードに転送することができます。

クリップボード履歴の場合、古いものから消えていきますが、定型文は消えることはありません。

定型文はグループごとに登録することができます。
定型文を登録することにより、いつでもクリップボードに転送することができます。

スポンサーリンク

便利な使い方

FIFO

Cliborの FIFO/LIFO機能とは、テキストを連続でコピーし、連続で貼り付けることができます。

コピー→ペースト、コピー→ペースト、コピー→ペースト・・
何度もこの作業を繰り返す必要がある場合、とても面倒ですよね。
この機能を使うと、 コピー→コピー→コピー、 ペースト→ペースト→ペーストのように連続で行うことができます。

試しに複数のテキストをコピーします。
command+Vでペーストすると、コピーした順番で貼り付けられます

テキスト整形

テキストの整形を自由に設定することができます。

例えば文字列を置換したい場合、以下のように入力します。

文字列置換に正規表現を使用することができ、柔軟に設定することができます。

また、クリップボード更新時に、自動で整形を行うこともできます。
文字列をコピーした際にクリップボードに転送されると同時に、指定された整形機能を適用します。

他にも様々な便利機能があります。

さいごに

今回は、Mac版Cliborの紹介でした。
テキスト入力がとても便利になりますので、是非導入してみてください。

\オススメ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました