メニュー画面の作成

ここでは「初級」「中級」「上級」を選択できる、起動時に表示されるフォームを作成します。

フォームの設定

すでに初期フォームが表示されていますので、そのフォームにボタンを配置していきます。

まずフォームのプロパティを設定します。
画面右下にある各プロパティ値を変更していきます。

プロパティ 備考
Name F_Menu フォームなのでF_とした
FormBorderStyle FixedSingle フォームのサイズを変更させない
MaximizeBox False 最大化はさせない
Size 300, 400 大体これくらい
StartPosition CenterScreen 画面の中央に表示されるようにする
Text ClickBuster (メニュー画面) 任意

一通り設定すると、以下のようになります。

次にボタンを四つフォームに張ります。それぞれのプロパティを設定します。

ボタン1(Button)

プロパティ 備考
Name B_Syokyu ボタンなのでB_とした
Text 初級
Location 12, 12
Size 260, 74

ボタン2(Button)

プロパティ 備考
Name B_Chukyu ボタンなのでB_とした
Text 中級
Location 12, 92
Size 260, 74

ボタン3(Button)

プロパティ 備考
Name B_Jyokyu ボタンなのでB_とした
Text 上級
Location 12, 172
Size 260, 74

ボタン4(Button)

プロパティ 備考
Name B_Close ボタンなのでB_とした
Text 終了
Location 12, 275
Size 260, 74

一通り設定すると、以下のようになります。

次に終了ボタン押下時の処理を記述します。
フォームデザイン上の「終了」ボタンをダブルクリックします。

ソースコードを記述できる画面が開き、「終了」ボタンをクリックしたときの処理を記述できます。

以下のようにアプリを終了する処理を記述します。

一旦保存し、F5(デバッグの開始)を押してアプリを実行してみましょう。
メニュー画面が表示され、「終了ボタン」をクリックしてアプリが終了するか確認しましょう。

簡単にフォームアプリケーションが作れましたね!

初級・中級・上級ボタンは後でイベントを追加しますので、ひとまずメニュー画面は終わりです。
次はメイン画面の作成です。

学習

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!