自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【C#】Visual Studio 2019でGitHubと連携

C#
スポンサーリンク

はじめに

今回は、Visual Studio 2019で作成したプロジェクトを、GitHubと連携してみましょう。
自分が作成したソースを、オープンソースとして公開することもできますし、自分専用のプライベートリポジトリを作成して管理するのも便利ですよね。

基本的に無料で使用することができます。

ソースの管理、差分の管理は、

是非Gitを活用しましょう。

GitHub(ギットハブ)は、ソフトウェア開発のプラットフォームであり、ソースコードをホスティングする。コードのバージョン管理システムにはGitを使用する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/GitHub

他にも私のブログで、C#について解説している記事がありますのでご覧ください。

使用するバージョン
  • Windows 11 / 10
  • Visual Studio 2022 (2019)

C#プロジェクトの作成

Visual Studioのインストールや、新規プロジェクの作成は、以下の記事を参考にしてください。

GitHubアカウントの作成

まずはGitHubアカウントを作成しましょう。

GitHub: Where the world builds software
GitHub is where over 73 million developers shape the future of software, together. Contribute to the open source community, manage your Git repositories, review...

GitHubにアクセスし、Sign upをクリックします。

必要な情報を入力し、アカウントを作成します。

自分専用のアカウントページが作成されました。

chigusa-web - Overview
chigusa-web has 5 repositories available. Follow their code on GitHub.

Visual StudioからGitHubリポジトリの作成

リポジトリ作成

Visual Studioのメニューの、Git→Gitリポジトリの作成をクリックします。

Gitリポジトリの作成画面が表示されます。
GitHubを選択し、作成したアカウントでサインインします。

アカウントの追加をクリックします。

ブラウザにて、GitHubのページが開きますので、サインインします

Visual Studioに対する権限を確認します。
特に細かく設定できるわけでもありませんので、Authorize githubをクリックします。

何故か一度エラーになってしまいましたが、再度画面を開いたら問題ないようでした。

Visual Studioの方でも、正常にサインインできましたので、作成とプッシュをクリックします。

今回は、ソースを公開したかったので、プライベートのチェックは外しました
自分専用の非公開リポジトリにする場合は、プライベートのチェックは入れましょう

GitHubのマイページを開くと、リポジトリが作成されていました。

以下のような感じで、リポジトリを公開できました。

GitHub - chigusa-web/OpenCvSharpCascadeClassifier: OpenCvSharpで物体検出
OpenCvSharpで物体検出. Contribute to chigusa-web/OpenCvSharpCascadeClassifier development by creating an account on GitHub.

コミットメッセージは特に入力しませんでしたが、自動で設定されたようです。

.gitignore

.gitignoreも自動で作成されました。
これにより、不要なファイルはコミット対象外になります。

ちなみに最新のVisual Studio用の.gitignoreは以下に公開されています。

gitignore/VisualStudio.gitignore at master · github/gitignore
A collection of useful .gitignore templates. Contribute to github/gitignore development by creating an account on GitHub.

READMEの作成

GitHubからREADMEを作成してみましょう。
Add a READMEをクリックします。

READMEはMarkdown形式で記述します。

コミットします。

READMEが作成できました。

プル

READMEを作成しましたので、プルしてみます。

プルとは、リモートリポジトリ(今回はGitHub)から最新の履歴を取得し、ローカルのソースにマージします。

メニューからプルを選択します。

エクスプローラでフォルダの中にREADME.mdがプルされていることを確認します。

コミットとプッシュ

ソースを修正した場合は、コミットを行います。
コミットまたは一時退避をクリックします。

変更差分が表示されます。
コミットメッセージを入力します。

今回は、コミットとプッシュを同時に行いました。

正常に、リモートリポジトリ(GitHub)へプッシュできました。

変更差分の確認

Visual Studio上から、差分の確認を行うことができます

さいごに

プロジェクトを作成したら、まずはリポジトリを作成し、Gitで管理しましょう。

他にも私のブログで、C#について解説している記事がありますのでご覧ください。

\オススメ/

コメント

タイトルとURLをコピーしました