自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【ラズパイZero】モニターなしでセットアップ

Raspberry Pi
スポンサーリンク

Raspberry Pi Zero WH

Let’s IoT!ということで、ラズパイを手に入れました😊

実は仕事でラズパイ3B+を使っていたのですが、今回個人用にラズパイゼロを購入しました。
Raspberry Pi Zero WH + ケースで税込み2,800円でした。

ラズパイZeroはフリスクサイズなんて呼ばれていますが、本当に小さいですね!?

ラズパイZeroは、miniHDMIやmicroUSBであり、変換アダプターを用意するのが面倒なため、なんとかモニター無しでセットアップしてみたいと思います。
接続に関しては、USB OTG(On-The-Go)という機能を使い、PCとラズパイをUSBで接続し、リモートを行います。
この機能を使うと、外出先などでWi-Fiに繋がずともラズパイにアクセスできますので便利ですね!

パソコンはWindows10を使用しました。

Raspbian Stretch

まずはRaspberry Pi公式サイトからOSをダウンロードします。

Operating system images – Raspberry Pi
From industries large and small, to the kitchen table tinkerer, to the classroom coder, we make computing accessible and affordable for everybody.

デスクトップは使用しないので、Raspbian Stretch Liteにしました。
zipファイルをダウンロードします。

microSDカードへインストール

ウチに余ってたmicroSDカードを使用しました。(16GB Class10)

SD Card Formatterを使用して、microSDカードを初期化します。

ダウンロードしたRaspbianのimgファイルをmicrSDカードに書き込むにはEtcherを利用しました。

balenaEtcher - Flash OS images to SD cards & USB drives
A cross-platform tool to flash OS images onto SD cards and USB drives safely and easily. Free and open source for makers around the world.

起動直後の画面です。
Select imageをクリックし、Raspbianのimgファイルを選択します。

その後、Flash!ボタンをクリックし、書き込みます。(数分で終わりました)

完了しました。

設定変更

microSDカードを抜き差しすると、Windowsにドライブとして認識されます。

ドライブ直下にconfig.txtというファイルがあり、以下の一行を追加します。

dtoverlay=dwc2

次にcmdline.txtを開き、rootwaitの後に、半角スペースを入れて、以下の文字列を追記します。

modules-load=dwc2,g_ether

こんな感じになります。(rootwaitとquietの間)

…rootwait modules-load=dwc2,g_ether quiet…

SSHを有効にするため、ドライブ直下にsshという空のファイルを作成します。

USB OTG(On-The-Go)

USB-OTGという機能を使い、WindowsPCとラズパイをUSBケーブルで接続しリモートを行います。

この機能を使うに当たり、Bonjour(iTunesと共にインストールされるアレ)が必要とのことですが、Windows10では標準で入っているとのこと。

以下のような感じで、USBを接続します。(挿す位置に注意!)
別途電源用のUSBは不要で、USB一本のみでラズパイが起動できます。

ラズパイのLEDが点灯したら、疎通確認をしてみます。(PowerShellからPingを送信)

ping raspberrypi.local

ping 要求ではホスト raspberrypi.local が見つかりませんでした。ホスト名を確認してもう一度実行してください。

なぜか繋がらず・・
色々と調べてみると、RPI Driver OTGが必要とのこと。
以下のサイトから「RPI Driver OTG.zip」をダウンロードします。
(探すのに苦労した・・)

Pi Zero OTG Ethernet - DOMOTRONIC
Niveau: 3 Introduction: Mise en place sur le Raspberry Pi Zéro du mode OTG Ethernet sans de clavier ,sans souris, et sans  moniteur. Installation: Installer sur...

ダウンロードリンクは真ん中あたりにありました。

Windowsのデバイスマネージャーを開き、USBシリアルデバイスを探します。

右クリックし、ドライバの更新をクリックします。
コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を検索します。

先程ダウンロードしたRPI Driver OTG.zipを解凍し、そのフォルダを選択します。

次へを選択すると、「USB Ethernet/RNDIS Gadget」がインストールされます。

raspberrypi.localに対してpingを投げると、今度は正常に疎通確認ができました

ssh接続

PuTTYを起動します。(Tera TermでもOK)
ホストにraspberrypi.localを指定して接続します。

ラズパイのデフォルトユーザである、pi / raspberry でログインします。

piユーザのデフォルトパスワードは別途変更しておくことをオススメします。

Wi-Fiの設定や、固定IPアドレスの設定は、以下の記事に別途まとめましたので参考にしてください。

Wi-Fiの設定が完了しましたら、私の場合は普段、PCとUSB接続せずWi-Fi経由にし、ラズパイは電源を直接取ります
電源のUSBポートは右側です。

あとはWindows PCからは、Wi-Fi経由でsshでリモートして制御していきます。

最後に

一通り設定が終わりましたら、ケースにしまいました。
小さいのにすごいですね!

色々とIoTチャレンジしてみたいと思います。😊

コメント

  1. とんかつ より:

    ラズパイZeroのセットアップに参照させて
    頂きました。

    ・モニタ無しのセットアップ、
    USBOTG方式で行いました。
    親機は、Windows10.
    【 Raspberry Pi Imager 】を使いました。
    これで、同時にSSHの設定やWifiの設定も出来ます。
    (OSは、一番上左を選びました、これはライト版みたいでした。)

    ◎【 RPI Driver OTG 】 は、要りません。
    ですので、こちらの記事の「Windowsのデバイスマネージャー」関連も
    たぶん、無関係です。

    SDカードをZeroに挿入して
    先ず、設定済みのSSHで接続を試みました。
    ここで、うっかりミスで1時間ロス。:)
    ZeroとPCは同じクレープにいなくてはなりません。
    私は普段PCは、有線LANですから
    ここを、Wifiに変更しないと、同じグループに
    いません!
    ここに、気づくまで、
    しばし「何故なの???」と遊んでしましました :)

    SSHは、接続出来ました。
    TeraTermで接続し、TeraTerm画面で
    [ $ sudo raspi-config ]から
    VCNを有効にしました。
    ここはデフォで[無効]になっていたので、
    設定変更しなくては、なりませんでした。

    VNCでも、と思ったら、接続手順の
    冒頭で[ ユーザー名 ]と [パスワード ]を。聞かれました。
    ここを通過しないと、接続出来ません。

    知りませんでしたが、ここは、デフォで
    ・Username:pi
    ・Password:raspberry←これは変更していました
    なのでした。無知で全く知らず!!:)
    PWは勝手に、自分で作ったのですが
     [ VNC Virwer ]の右上隅のアカウント設定が
     要るのか、要らぬのか?判らず、解らず・・・・
     ここで、2時間ほど、また遊んでしましました :)
     課金は無いだろうと思いながら
     ともかく、アカウント設定をしました。
     VNC側とメールのやりとりを経て、ともかく、
     Username:pi
     Password:raspberry←これは変更していました

    で、VCN接続も出来ました。
    やっぱり、GUIでの操作が断然 楽!!

    あちこち、Webからにわか予備知識を得ていたのですが
    何せ、「付け刃」につき、
    Zero着、開封から半日かかりましたが、
    ともかく、セットアップ出来ました。

    「知恵の輪」的で、すっかり『入れ込んでしまい』
    『お昼抜きで』楽しめました。 :)

    ありがとうございました。
     

タイトルとURLをコピーしました