ラズパイZeroをモニターなしでセットアップ

Raspberry Pi Zero WH

ラズパイ!

Let’s IoT!ということで、ラズパイを手に入れました😀

実は仕事でラズパイ3B+を使っていたのですが、今回個人用にラズパイゼロを購入しました。
Raspberry Pi Zero WH + ケースで税込み2,800円でした。

ラズパイZeroはフリスクサイズなんて呼ばれていますが、本当に小さいですね!😵

ラズパイZeroは、miniHDMIやmicroUSBであり、変換アダプターを用意するのが面倒なため、なんとかモニター無しでセットアップしてみたいと思います。
接続に関しては、USB OTG(On-The-Go)という機能を使い、PCとラズパイをUSBで接続し、リモートを行います。
この機能を使うと、外出先などでWi-Fiに繋がずともラズパイにアクセスできますので便利ですね!

パソコンはWindows10を使用しました。💻

Raspbian Stretch

まずはRaspberry Pi公式サイトからOSをダウンロードします。

Download Raspbian for Raspberry Pi
https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/
Raspbian is the Foundation's official supported operating system. You can install it with NOOBS or download the image below.
Raspberry Pi
 

デスクトップは使用しないので、Raspbian Stretch Liteにしました。
zipファイルをダウンロードします。

microSDカードへインストール

ウチに余ってたmicroSDカードを使用しました。(16GB Class10)

SD Card Formatterを使用して、microSDカードを初期化します。

ダウンロードしたRaspbianのimgファイルをmicrSDカードに書き込むにはEtcherを利用しました。

起動直後の画面です。
Select imageをクリックし、Raspbianのimgファイルを選択します。

その後、Flash!ボタンをクリックし、書き込みます。(数分で終わりました)

完了しました。

設定変更

microSDカードを抜き差しすると、Windowsにドライブとして認識されます。

ドライブ直下にconfig.txtというファイルがあり、以下の一行を追加します。

次にcmdline.txtを開き、rootwaitの後に、半角スペースを入れて、以下の文字列を追記します。

こんな感じになります。(rootwaitとquietの間)
…rootwait modules-load=dwc2,g_ether quiet…

SSHを有効にするため、ドライブ直下にsshという空のファイルを作成します。

USB OTG(On-The-Go)

USB-OTGという機能を使い、WindowsPCとラズパイをUSBケーブルで接続しリモートを行います。
この機能を使うに当たり、Bonjour(iTunesと共にインストールされるアレ)が必要とのことだが、Windows10では標準で入っているとのこと。

以下のような感じで、USBを接続します。(挿す位置に注意!)
別途電源用のUSBは不要で、USB一本のみでラズパイが起動できます。

ラズパイのLEDが点灯したら、疎通確認をしてみます。(PowerShellからPingを送信)

ping 要求ではホスト raspberrypi.local が見つかりませんでした。ホスト名を確認してもう一度実行してください。

なぜか繋がらず・・
色々と調べてみると、RPI Driver OTGが必要とのこと。
以下のサイトから「RPI Driver OTG.zip」をダウンロードします。
(探すのに苦労した・・)

ダウンロードリンクは真ん中あたりにありました。

Windowsのデバイスマネージャーを開き、USBシリアルデバイスを探します。

右クリックし、ドライバの更新をクリックします。
コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を検索します。

先程ダウンロードしたRPI Driver OTG.zipを解凍し、そのフォルダを選択します。

次へを選択すると、「USB Ethernet/RNDIS Gadget」がインストールされます。

raspberrypi.localに対してpingを投げると、今度は正常に疎通確認ができました。

ssh接続

PuTTYを起動します。(Tera TermでもOK)
ホストにraspberrypi.localを指定して接続します。

ラズパイのデフォルトユーザである、pi / raspberry でログインします。
→piユーザのデフォルトパスワードは別途変更しておくことをオススメします。

Wi-Fiの設定や、固定IPアドレスの設定は、以下の記事に別途まとめましたので参考にしてください。

Wi-Fiの設定が完了しましたら、私の場合は普段、PCとUSB接続せずWi-Fi経由にし、ラズパイは電源を直接取ります
電源のUSBポートは右側です。

あとはWindows PCからは、Wi-Fi経由でsshでリモートして制御していきます。

最後に

一通り設定が終わりましたら、ケースにしまいました。
小さいのにすごいですね!

色々とIoTチャレンジしてみたいと思います。👍

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)