ラズパイZeroをモニターなしでセットアップ

Raspberry Pi Zero WH

ラズパイ!

Let’s IoT!ということで、ラズパイを手に入れました😀

実は仕事でラズパイ3B+を使っていたのですが、今回個人用にラズパイゼロを購入しました。
Raspberry Pi Zero WH + ケースで税込み2,800円でした。

ラズパイZeroはフリスクサイズなんて呼ばれていますが、本当に小さいですね!😵

ラズパイZeroは、miniHDMIやmicroUSBであり、変換アダプターを用意するのが面倒なため、なんとかモニター無しでセットアップしてみたいと思います。
接続に関しては、USB OTG(On-The-Go)という機能を使い、PCとラズパイをUSBで接続し、リモートを行います。
この機能を使うと、外出先などでWi-Fiに繋がずともラズパイにアクセスできますので便利ですね!

パソコンはWindows10を使用しました。💻

Raspbian Stretch

まずはRaspberry Pi公式サイトからOSをダウンロードします。

デスクトップは使用しないので、Raspbian Stretch Liteにしました。
zipファイルをダウンロードします。

microSDカードへインストール

ウチに余ってたmicroSDカードを使用しました。(16GB Class10)

SD Card Formatterを使用して、microSDカードを初期化します。

ダウンロードしたRaspbianのimgファイルをmicrSDカードに書き込むにはEtcherを利用しました。

起動直後の画面です。
Select imageをクリックし、Raspbianのimgファイルを選択します。

その後、Flash!ボタンをクリックし、書き込みます。(数分で終わりました)

完了しました。

設定変更

microSDカードを抜き差しすると、Windowsにドライブとして認識されます。

ドライブ直下にconfig.txtというファイルがあり、以下の一行を追加します。

次にcmdline.txtを開き、rootwaitの後に、半角スペースを入れて、以下の文字列を追記します。

こんな感じになります。(rootwaitとquietの間)
…rootwait modules-load=dwc2,g_ether quiet…

SSHを有効にするため、ドライブ直下にsshという空のファイルを作成します。

USB OTG(On-The-Go)

USB-OTGという機能を使い、WindowsPCとラズパイをUSBケーブルで接続しリモートを行います。
この機能を使うに当たり、Bonjour(iTunesと共にインストールされるアレ)が必要とのことだが、Windows10では標準で入っているとのこと。

以下のような感じで、USBを接続します。(挿す位置に注意!)
別途電源用のUSBは不要で、USB一本のみでラズパイが起動できます。

ラズパイのLEDが点灯したら、疎通確認をしてみます。(PowerShellからPingを送信)

ping 要求ではホスト raspberrypi.local が見つかりませんでした。ホスト名を確認してもう一度実行してください。

なぜか繋がらず・・
色々と調べてみると、RPI Driver OTGが必要とのこと。
以下のサイトから「RPI Driver OTG.zip」をダウンロードします。
(探すのに苦労した・・)

ダウンロードリンクは真ん中あたりにありました。

Windowsのデバイスマネージャーを開き、USBシリアルデバイスを探します。

右クリックし、ドライバの更新をクリックします。
コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」を検索します。

先程ダウンロードしたRPI Driver OTG.zipを解凍し、そのフォルダを選択します。

次へを選択すると、「USB Ethernet/RNDIS Gadget」がインストールされます。

raspberrypi.localに対してpingを投げると、今度は正常に疎通確認ができました。

ssh接続

PuTTYを起動します。(Tera TermでもOK)
ホストにraspberrypi.localを指定して接続します。

ラズパイのデフォルトユーザである、pi / raspberry でログインします。
→piユーザのデフォルトパスワードは別途変更しておくことをオススメします。

Wi-Fiの設定や、固定IPアドレスの設定は、以下の記事に別途まとめましたので参考にしてください。

Wi-Fiの設定が完了しましたら、私の場合は普段、PCとUSB接続せずWi-Fi経由にし、ラズパイは電源を直接取ります
電源のUSBポートは右側です。

あとはWindows PCからは、Wi-Fi経由でsshでリモートして制御していきます。

最後に

一通り設定が終わりましたら、ケースにしまいました。
小さいのにすごいですね!

色々とIoTチャレンジしてみたいと思います。👍

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

ラズパイZeroをモニターなしでセットアップ” に対して1件のコメントがあります。

  1. とんかつ より:

    ラズパイZeroのセットアップに参照させて
    頂きました。

    ・モニタ無しのセットアップ、
    USBOTG方式で行いました。
    親機は、Windows10.
    【 Raspberry Pi Imager 】を使いました。
    これで、同時にSSHの設定やWifiの設定も出来ます。
    (OSは、一番上左を選びました、これはライト版みたいでした。)

    ◎【 RPI Driver OTG 】 は、要りません。
    ですので、こちらの記事の「Windowsのデバイスマネージャー」関連も
    たぶん、無関係です。

    SDカードをZeroに挿入して
    先ず、設定済みのSSHで接続を試みました。
    ここで、うっかりミスで1時間ロス。:)
    ZeroとPCは同じクレープにいなくてはなりません。
    私は普段PCは、有線LANですから
    ここを、Wifiに変更しないと、同じグループに
    いません!
    ここに、気づくまで、
    しばし「何故なの???」と遊んでしましました :)

    SSHは、接続出来ました。
    TeraTermで接続し、TeraTerm画面で
    [ $ sudo raspi-config ]から
    VCNを有効にしました。
    ここはデフォで[無効]になっていたので、
    設定変更しなくては、なりませんでした。

    VNCでも、と思ったら、接続手順の
    冒頭で[ ユーザー名 ]と [パスワード ]を。聞かれました。
    ここを通過しないと、接続出来ません。

    知りませんでしたが、ここは、デフォで
    ・Username:pi
    ・Password:raspberry←これは変更していました
    なのでした。無知で全く知らず!!:)
    PWは勝手に、自分で作ったのですが
     [ VNC Virwer ]の右上隅のアカウント設定が
     要るのか、要らぬのか?判らず、解らず・・・・
     ここで、2時間ほど、また遊んでしましました :)
     課金は無いだろうと思いながら
     ともかく、アカウント設定をしました。
     VNC側とメールのやりとりを経て、ともかく、
     Username:pi
     Password:raspberry←これは変更していました

    で、VCN接続も出来ました。
    やっぱり、GUIでの操作が断然 楽!!

    あちこち、Webからにわか予備知識を得ていたのですが
    何せ、「付け刃」につき、
    Zero着、開封から半日かかりましたが、
    ともかく、セットアップ出来ました。

    「知恵の輪」的で、すっかり『入れ込んでしまい』
    『お昼抜きで』楽しめました。 :)

    ありがとうございました。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)