敵を倒す処理実装

もうラストです。敵をクリックしたら得点を加算する処理を実装します。
以下のメソッドをメイン画面(F_Main)に追加します。

このクリック処理をすでに実装したスタートボタンのクリックイベント(B_Start_Click)に実装します。

これでほぼ完成です。
最後に初級・中級・上級の処理を書きましょう。

ちなみに以下の処理の役割をまとめましょう。

・敵の数 : スタートボタンクリック時のループの回数。
・敵の動くスピード : タイマー(T_Enemy)のインターバル。
・敵の動く範囲 : パネル(P_Enemy)の大きさ。
・残り時間 : プログレスバー(PG_Jikan)の値。

この値を設定することで難易度を変更します。
メイン画面(F_Main)の先頭に以下のプロパティを追加します。

さらに初期化するメソッドを追加します。
メイン画面(F_Main)の先頭に以下のメソッドを追加します。

P_Enemy.TopとP_Enemy.Leftはフォームとパネル次第ですので調整してください。
次にスタートボタンクリックイベントのループの回数を変更します。

最後にメニュー画面(F_Menu)に戻って初級・中級・上級ボタンのクリックイベントに難易度を設定します。
とりあえず以下のように難易度を設定してみました。

以上で、全て完成です。実行して正しく動くかどうか確認しましょう。
お疲れ様でした。

あまりにも敵の数が多すぎて、動く速度が早い場合など
正常に動かなくなりますので、適正な難易度を設定してください。

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!