キーボード操作

スポンサーリンク

はじめに

Cliborをキーボードで操作をする方法を解説します。
キーボードで一通り操作は可能です。

また、下記はデフォルトの動作になっておりますが、設定で好みの動作に変更することができます。

共通

Cliborを表示するホットキーで呼び出します。
履歴・定型文を選択する上下キーで選択しEnterキーか、ショートカットキー(1~0, a~z)で選択します。
履歴ページの切り替えや定型文グループの切り替えポップアップメニュー履歴や定型文データを選択せずにEnterキーを押します。
また設定で、[PageUp]キーや[PageDown]キーでも可能です。
履歴・定型文をポップアップメニュー
(編集・検索・削除など)
該当のデータを上下キーで選択しアプリケーションキーまたは、Shift+F10キーを押します。
クリップボード履歴または定型文タブの切り替え左右キーで切り替えます。
履歴データや定型文データを選択しない[Home]または[PageUp]キーを押します。
履歴データや定型文データの最後を選択[End]または[PageDown]キーを押します。
Cliborを隠す[Esc]キーを押します。
履歴データや定型文データを削除する削除したいデータを選択し、[Delete]キーを押します。

クリップボード履歴ページ

検索ボックスを表示Ctrl + Shift + Fを押します。

定型文ページ

定型文新規登録画面の表示Ctrl + Shift + Nを押します。
検索ボックスを表示Ctrl + Shift + Fを押します。

その他

編集画面や設定画面などは、ほとんどアクセラレータキーで操作可能です。
ボタンなどで(I)のようになっていれば、Alt+Iでボタンをクリックしたのと同様の動作になります。
以下の編集画面を例にしますと、Alt+Iボタンで「登録」ボタンを押した場合と同様の動作になります。

その他、起動パラメータを使用すると外部のアプリと連携が可能です。

外部アプリのキー操作でCliborを操作することも可能です。

【Clibor】様々なホットキーで操作
Cliborはホットキーを使用して、色々と操作することができます。
タイトルとURLをコピーしました