起動パラメータについて

スポンサーリンク

起動パラメータ

起動パラメータを指定し実行することにより、Cliborを制御することが可能です。

/vc起動しているCliborのメイン画面(クリップボードタブ)を表示
/vt起動しているCliborのメイン画面(定型文タブ)を表示
/vs起動しているCliborの設定画面を表示
/ac起動しているCliborの履歴を全てクリア
タスクトレイのCliborアイコンを右クリックし、「履歴を全てクリア」をクリックしたのと同じ動作になります。
/vt 1起動しているCliborのメイン画面(定型文タブ)のグループ1ページを表示(2を指定した場合2ページ目)
/vt 1 1起動しているCliborのメイン画面(定型文タブ)のグループ1ページの1番目の定型文をクリップボードに転送(2 1と指定した場合は、2ページ目の1番目)
自動貼り付けが有効の場合は、自動貼り付けします。
/fr常に表示するの有効・無効
/mlクリップボード履歴の複数選択画面の表示
/od 60指定された数値(分指定)より古い履歴は削除する
例: /od 60
この場合60分より古い履歴は削除される(1から9999999までの指定が可能)
/sk整形の編集画面の表示
/tg定型文グループの編集画面の表示
/te定型文の編集画面の表示
/tc定型文CSV取込画面の表示
/ex除外リスト画面の表示
/csクリップボード停止の切り替え
/hsホットキー停止の切り替え
/rsClibor再起動
/ffFIFOの切り替え
/lfLIFOの切り替え
/cmCliborメイン画面表示(ホットキー呼びだしと同じ動作)
/sd 1整形機能をダイレクトに適用(テキストのみ)
例: /sd 1
テキストのクリップボードが格納されている場合、1番目の整形機能が適用される。
/cc現在のクリップボードをクリア
/bcクリップボードデータのバックアップ
/bt定型文データのバックアップ
/beデータのバックアップ・リストア画面の表示
/wwクリップボード履歴の監視ウィンドウ画面の表示
/sa 1自動整形を選択
例: /sa 1
1番目の自動整形を選択。(「なし」は含みません)
→ /sa 0で解除「なし」

実際の使用例は、「ジェスチャー/ホットキー例」をご覧ください。

以下のブログ記事も参考下さい。

【Clibor】様々なホットキーで操作
Cliborはホットキーを使用して、色々と操作することができます。
【Clibor】マウスジェスチャーで操作
Cliborをマウスジェスチャーで操作することができます。
タイトルとURLをコピーしました