FIFO/LIFO

スポンサーリンク

FIFO/LIFO機能とは

Cliborの FIFO/LIFO機能とは、テキストを連続でコピーし、連続で貼り付けることができます。

コピー→ペースト、コピー→ペースト、コピー→ペースト・・
何度もこの動作を繰り返す必要がある場合、とても面倒ですね。
この機能を使うと、 コピー→コピー→コピー、 ペースト→ペースト→ペーストのように連続で行うことができます。

FIFO/LIFOによる貼付け

タスクトレイを右クリックし、FIFO(またはLIFO)モードを選択します。

FIFO/LIFOモード中はタスクトレイのアイコンが変わります。

試しに複数のテキストをコピーします。
Ctrl+Vでペーストすると、コピーした順番で貼り付けられます
(Shift + Insertでも可能です)

FIFO/LIFOの違い

FIFOの場合は、最初にコピーしたものが最初に貼り付けられます。
LIFOの場合は、最後にコピーしたものが最初に貼り付けられます。

FIFO/LIFOモードについて

FIFO/LIFOモード中にメイン画面を表示すると、ストックされている一覧が表示されます。
一番先頭にあるものから貼り付けられます。

設定によりFIFO/LIFOモードを、ホットキーで切り替えたり動作を変更できます。

FIFOの途中で挿入・編集・削除・連結

FIFOモードの途中で、データを挿入したい場合や、編集したい場合などは、右クリックメニューから可能です。

コピペ間違いの際に、途中からデータの変更が可能です。

また、ストックしたデータを全て改行区切りで連結することが可能です。

FIFOの貼り付けのやり直し

FIFOで貼り付け(Ctrl+V)をした際に、うまく貼り付けられない場合があります。
その時にFIFOのデータは一つ消えますが、「貼り付けを一つ戻す(Ctrl+Shift+Z)」でやり直しが可能です。

操作を間違った場合に、戻せますので便利です。

FIFOのデータに同じ値もストックしたい

デフォルトの設定では、同じ値はストックされないようになっています。
変更する場合、以下の設定にチェックを入れてください。

設定 → FIFO/LIFO → FIFO / LIFOモード時に重複データも格納する

定型文に予めFIFOを登録

以下の文字を定型文に登録すると、定型文から直ぐにFIFOモードに切り替えが可能です。

<$CLB_TFIFO/>
<$CLB_DT>AAA</CLB_DT>
<$CLB_DT>BBB</CLB_DT>

AAAとBBBにFIFOに使いたい文字を入れていきます。何件でも登録は可能です。

タイトルとURLをコピーしました