基本操作2

スポンサーリンク

クリップボード履歴を使用しよう!

Clibor起動直後にメイン画面を開くと、このような画面になります。

Cliborは、起動後から自動でクリップボードを監視し履歴を保存していきます。
何度か文字列をコピーしてみましょう。
そうすると以下のように履歴として保存されます。

利用したい履歴を左クリックすると、クリップボードに転送されますので、貼り付け(ペースト)を行うと選択した履歴が貼り付けられます。

履歴を選択された際に、自動で貼り付けることも可能です。

設定 > 基本動作 > 自動貼り付けを有効にするにチェック

キーボードの操作でも可能です。
以下の左の赤枠の部分がショートカットになっていますので、該当のキーを押すことにより選択可能です。

ショートカットキーは「1~0」「a~z」と続き、「C1~C0」「Ca~Cz」、「S1~S0」「Sa~Sz」と続きます。C1は「Ctrl+1」で、S1は「Shift+1」となります。

初期設定の一覧表示件数は36件ですので、「1~0」「a~z」までです。
設定で増やすことも可能です。

設定 > クリップボード > 一覧に表示する件数を変更

またこのショートカットキーの順番を変更することも可能です。

設定 > メイン画面

履歴は最大10,000件保存が可能です。
初期設定は108件ですが設定で変更可能です。

設定 > クリップボード > クリップボード履歴を保存する件数を変更

一覧に表示されている件数以上の履歴は、「クリップボード」を右クリックし、履歴のページを選択することで表示可能です。

履歴が選択されていない状態で、Enterキーを押下でもポップアップが表示されます。

ページの切り替えは、メイン画面の右クリックメニューからでも可能です。

検索や編集

メイン画面上で右クリックから「検索」を選択するか、「Ctrl + Shift + F」を押すことによって検索画面が表示されます。

検索条件を指定し検索ボタンを押すことによって、検索結果一覧が表示されます。

定型文タブを開いている場合は、定型文の検索も可能です。(メモの検索も可能)

またメイン画面を右クリックすることで、色々と操作が可能です。

「編集」を選択することによって、クリップボード履歴の編集や整形、変換が可能です。

次は定型文の基本操作についてです。

タイトルとURLをコピーしました