自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ConoHa WING】Laravelアプリを公開

Laravel
スポンサーリンク

はじめに

今回は、ConoHa WINGでLaravelの環境を構築し、Webアプリを公開する手順をまとめました。

ConoHa WINGですが、SSH接続しコマンドの実行もでき、Laravelが稼働する環境を作成することができます。
コスパもよくWebアプリケーションを公開する環境としてはオススメです。

新規申込方法については以下の記事を参考にしてください。

また、Laravelの環境を構築するにあたって、SSH接続する必要があります。
以下の記事を参考に、設定を行ってください。

他にも私のブログで、Laravelについて解説している記事がありますのでご覧ください。

【紹介】個人開発

私の個人開発ですがQuiphaというサービスを開発しました。(Laravel, Vue3など)
良かったら、会員登録して動作を試してみて下さい。

また、Laravel 9 実践入門という書籍を出版しました。
Kindle Unlimitedを契約している方であれば、読み放題で無料でご覧いただくことができます

是非多くの方に読んでいただき、Laravelの開発に少しでもお役に立てたら幸いです。

環境

  • ConoHa WING
  • Laravel Framework 10
  • PHP 8.2.4
  • Composer version 2.5.5
  • nodebrew 1.2.0
  • node v16.20.0
  • npm 8.19.4

ConoHa WINGについて

ConoHa WINGは高性能レンタルサーバーサービスで、初期費用無料、最低利用期間無しで月額968円から利用できます。

大量同時アクセスなどの高負荷にも強く、サイトのパフォーマンスに安定性を求める方にも最適です。

ConoHa WINGへの申し込みは以下からできます。

特徴的なのは料金体系で、WINGパック(月額固定)と通常プラン(時間単位)があります。

料金|レンタルサーバーならConoHa WING
ConoHa WINGは初期費用・最低利用期間なし、いつでも気軽に始められます。また利用料金が月額料金に満たない場合は時間単位の料金が適用されるので、月の途中からご利用を始めてもムダなコストは発生しません。

無料期間はありませんが、後からプラン変更もできます。

ConoHa WING導入事例もありますので、確認してみましょう。

ConoHa WING 導入事例|レンタルサーバーならConoHa WING
ConoHa WINGを導入していただいているサイト様をご紹介します。導入背景や決め手などをご覧いただけます。

バージョン確認

ConoHa WINGにSSHで接続します。
まずはデフォルトでインストールされている各種バージョンを確認しましょう。

PHP

PHPが使えるようになっており、バージョンは以下でした。

$ php -v
PHP 8.2.4 (cli) (built: Mar 15 2023 10:30:37) (NTS)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.2.4, Copyright (c) Zend Technologies
    with Zend OPcache v8.2.4, Copyright (c), by Zend Technologies

PHPのバージョンを変更することもできます。

ComposerとNPMはインストールされていませんでした。

Laravel環境構築

それではLaravel環境を構築していきます。

Composerインストール

公式の手順通り、以下のコマンドを実行します。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '55ce33d7678c5a611085589f1f3ddf8b3c52d662cd01d4ba75c0ee0459970c2200a51f492d557530c71c15d8dba01eae') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"
Composer
A Dependency Manager for PHP

binフォルダに移動しました。

$ mkdir bin
$ mv composer.phar bin/composer

パスが通っているため、以下のコマンドでComposerが使えます。

$ composer -V
Composer version 2.5.5 2023-03-21 11:50:05

ConoHa WINGの場合、binフォルダはデフォルトでPATHに追加されています。

nodebrewのインストール

Node.jsを管理するためのツールである、nodebrewをインストールします。

以下のコマンドでnodebrewをインストールします。

$ wget git.io/nodebrew
$ perl nodebrew setup

インストール完了後、以下のメッセージが表示されました。

Fetching nodebrew...
Installed nodebrew in $HOME/.nodebrew

========================================
Export a path to nodebrew:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

.bash_profileを編集します。

$ vi ~/.bash_profile

以下の行を変更し、保存します。

PATH=$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin
↓以下に変更
PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin

.bash_profileを再読み込みします。

$ source ~/.bash_profile

nodebrewのバージョンを確認しましょう。

$ nodebrew -v
nodebrew 1.2.0

Node.jsをインストール

Node.jsをインストールします。
以下のコマンドで、バージョンを指定してインストールしました。

$ nodebrew install-binary v16.20.0

ちなみにインストール可能なバージョン一覧は、以下のコマンドで確認できます。

$ nodebrew ls-remote

インストールされたNode.jsの一覧を確認します。

$ nodebrew list
v16.20.0

今回は上記のバージョンがインストールされましたので、以下のコマンドで有効にします。

$ nodebrew use v16.20.0

これでNode.jsがインストールされましたので、nodeとnpmのバージョンを確認します。

$ node -v
v16.20.0

$ npm -v
8.19.4
スポンサーリンク

Laravelプロジェクトの作成

プロジェクト作成

ConoHa WING上で新規のLaravelプロジェクトを作成してみます。
ホームの直下に適当なディレクトリを作成し、新規でLaravelのサンプルプロジェクトを作成します。

$ mkdir laravel-project
$ cd laravel-project/
$ composer create-project laravel/laravel sample-project --prefer-dist

「sample-project」部分はプロジェクト名ですので、任意で指定してください。

Composerで管理しているパッケージもインストールされますので、composer installは不要です。

Laravelのバージョンを確認しましょう。

$ cd sample-project/
$ php artisan -V
Laravel Framework 10.8.0

設定ファイルの変更

プロジェクト直下の.envファイルを適宜修正します。(一部抜粋)

..
APP_ENV=production
APP_DEBUG=false
APP_URL=https://初期ドメイン

本番の公開の場合、Laravelの設定ファイルを必ず本番向けへ変更します。
(デバッグ画面など出さないように注意)

公開ディレクトリの設定

Laravelプロジェクト直下のpublicフォルダを、公開フォルダに配置します。
シンボリックリンクを貼りますが、以下は例です。

ln -s $HOME/laravel-project/sample-project/public $HOME/public_html/xxx.conohawing.com/laravel

各自の環境に合わせて変更してください。

このままアクセスすると、以下のエラーが発生しました。

/home/XXX/public_html/XXX.conohawing.com/laravel/.htaccess: Option MultiViews not allowed here

上記のhtaccessを開き、以下の個所を修正しました。

    <IfModule mod_negotiation.c>
        #Options -MultiViews -Indexes
        Options -Indexes
    </IfModule>

ブラウザから以下のURLにアクセスしてみましょう。

https://初期ドメイン/laravel/

Laravelの起動画面が表示されました。

Nodeパッケージのインストールとビルド

プロジェクト直下で以下のコマンドを実行し、NPMパッケージをインストールします。

$ npm install

以下のコマンドでトランスパイルを行います。(JS/CSSをビルド)

最新のLaravelはViteに置き換わっておりますので、それぞれ本番環境とし以下を指定しました。

Viteの場合
$ npm run build

Mixの場合
$ npm run prod

プロジェクト直下のpublicフォルダにjs/cssが出力されます。

Viteの場合
./public/build/assets/app.xxx.css
./public/build/assets/app.xxx.js
./public/build/manifest.json

Mixの場合
./public/css/app.css
./public/js/app.js
./public/mix-manifest.json

Viteについては以下の記事にもまとめました。

データベースの設定

データベースへ接続してみましょう。
ConoHaのサイト管理からデータベースを開き、データベースの追加ボタンをクリックします。

データベース名とネームタグを任意で入力します。

データベースのユーザを作成し、接続先データベースに先ほど作成したデータベースを指定します。

Laravelのプロジェクトの直下にある、.envファイルを以下のように編集します。

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=データベースの接続先ホスト
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=作成したデータベース名
DB_USERNAME=設定したユーザ名
DB_PASSWORD=設定したパスワード

以下のコマンドを実行します。
.envのAPP_ENVを「production」にしていたため、以下の確認メッセージが表示されますが、「yes」を入力します。

$ php artisan migrate
**************************************
*     Application In Production!     *
**************************************

 Do you really wish to run this command? (yes/no) [no]:
 >

開発環境とは違い、本番環境では誤操作防止のために確認メッセージが表示されます。

以下のようなメッセージが表示されれば、正常に実行完了です。


   INFO  Preparing database.

  Creating migration table ......................................... 15ms DONE

   INFO  Running migrations.

  2014_10_12_000000_create_users_table ............................. 47ms DONE
  2014_10_12_100000_create_password_resets_table ................... 20ms DONE
  2019_08_19_000000_create_failed_jobs_table ....................... 18ms DONE
  2019_12_14_000001_create_personal_access_tokens_table ............ 31ms DONE

phpMyAdminを開き、テーブルが作成されていることを確認しましょう。

参考

さくらのレンタルサーバーの例も参考にしてください。

エックスサーバーの例も参考にしてください。

さいごに

Laravelで作成したWebアプリケーションを、ConoHa WINGで構築し公開する手順をまとめました。
最初の構築は少し手間ですが、レンタルサーバーでも構築することができ、運用も楽です。
是非試してみてください。

ConoHa WINGへの申し込みは以下からできます。

他にも私のブログで、ツールについて解説している記事がありますのでご覧ください。

コメント