基本操作1

Cliborの基本的な操作を説明します。

インストール > 起動

まずCliborをダウンロードし、任意のフォルダに解凍します。


あとはClibor.exeを実行するだけです。
(ちなみにC:¥Program Filesの中は避けた方が無難です。詳しくはQAにまとめました)

Clibor.exe実行時に、WindowsのSmartScreenによって保護される場合があります。

Cliborは安全なアプリですので、詳細情報をクリックし、実行してください。
一度この手順を行うと、次回からは表示されなくなります。

初回起動時、または、バージョンアップ時に一度だけ以下の画面が表示されます。

起動後はタスクトレイに納まり、後は自動的にクリップボードを監視します。

タスクトレイに常駐はしますが、以下のように隠れている場合があります。
その場合、以下をクリックすると表示されます。

常に隠れないようにするためには、ドラッグでも可能です。

スタートアップへ登録

スタートアップに登録すると、Windows起動時に、Cliborも自動で起動できますので便利です。
設定画面から登録・解除をすることが可能です。

メイン画面の呼び出し

以下がCliborのメイン画面です。

キーボードのCtrlキーを二回素早く押すことにより表示されます。
もちろん他のホットキーでも呼び出し可能です。

設定 > ホットキー

マウスで表示させるには、タスクトレイアイコンを左クリックします。

また起動パラメータを利用すると、他のアプリのマウスジェスチャーと連動できますので、自分の好みの方法で呼び出すことが可能です。

終了

Windowsのシャットダウンと同時にCliborも終了されますので、基本的には起動したままで大丈夫です。
直ぐに終了したい場合は、タスクトレイアイコンを右クリックし、「終了」を選択します。

アイコンについて

Cliborはタスクトレイに常駐しますが、モードによってアイコンが変わります。

通常時

FIFO/LIFOモード時

クリップボード監視の停止時

また、クリップボード更新時にアイコンが点滅します。
これにより、更新されたかどうかが分かります。
(設定次第では、更新時に音を出すことも可能)

まずは基本的な動作の説明でした。次はクリップボード履歴の操作についてです。

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!