自分だけのクイズ作成 - Quipha公開中

【FullCalendar】プレミアム機能

JavaScript
スポンサーリンク

はじめに

今回はFullCalendarのプレミアム機能を評価してみました。

FullCalendar Schedulerとも呼ばれています。

使用するバージョン
  • FullCalendar 5.10.1

Quipha

個人開発ですがQuiphaというサービスを開発しました。
Webアプリケーションであり、LaravelとVue3(Composition APIも使用)で作成しました。
カレンダーの表示には、FullCalendarを利用しています。

良かったら、会員登録して動作を試してみて下さい。

Fullcalendarの導入と実装

Fullcalendarの導入と実装については、以下の記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

また、LaravelとFullCalendarでDBに保存・表示できる実装をした記事も参考にしてください。

プレミアム機能について

プレミアム機能については、公式ドキュメントをご覧ください。
本記事では評価目的で試してみます

Premium Plugins - Docs | FullCalendar
FullCalendar Premium (also known as “FullCalendar Scheduler”) is a collection of plugins released under a different license than the standard plugins. Each plug...

評価バージョンは、クリエイティブコモンズライセンスの下でライセンスされており、ソースコードの変更を配布したり、商用のWebサイトや製品で使用したりすることはできません。

プレミアム機能については、ライセンスが必要になります。
プレミアムのプラグインを使用すると、カレンダーの左下に以下のメッセージが表示されました。

Your license key is invalid. More Infor

今回は評価目的ですので、警告は表示されたままでも構いませんが、ライセンス警告を非表示にするには、以下のライセンスキーを使ってくださいとのことでした。

var calendar = new Calendar(calendarEl, {
  schedulerLicenseKey: 'CC-Attribution-NonCommercial-NoDerivatives'
});
スポンサーリンク

タイムラインビュー

以下のコマンドでタイムラインビュー(Timeline View)をインストールします。

npm install --save @fullcalendar/core @fullcalendar/resource-timeline

package.jsonに以下が追加されました。

{
...
    "dependencies": {
        "@fullcalendar/core": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/daygrid": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/interaction": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/list": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/resource-timeline": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/timegrid": "^5.10.1",
    }
}

calendar.jsにタイムラインビュープラグインを追加しました。
例として、人ごとのスケジュールを見れるようにしてみました。

resources\js\calendar.js
import { Calendar } from "@fullcalendar/core";
import interactionPlugin from "@fullcalendar/interaction";
import resourceTimelinePlugin from "@fullcalendar/resource-timeline";

var calendarEl = document.getElementById("calendar");

let calendar = new Calendar(calendarEl, {
    plugins: [interactionPlugin, resourceTimelinePlugin],
    initialView: "resourceTimelineDay",
    headerToolbar: {
        left: "prev,next today",
        center: "title",
        right: "resourceTimelineDay,resourceTimelineWeek,resourceTimelineMonth",
    },
    locale: "ja",

    // ドラッグで移動が可能
    editable: true,
    // ヘッダのタイトルを変更
    resourceAreaHeaderContent: "予定一覧",
    // 左側のリソースの一覧
    resources: [
        { id: "a", title: "田中" },
        { id: "b", title: "鈴木", eventColor: "green" },
    ],
    // リソースごとのイベントを定義
    events: [
        {
            resourceId: "a",
            title: "打ち合わせ",
            start: "2021-11-21T14:00:00",
            end: "2021-11-21T16:00:00",
        },
        {
            resourceId: "b",
            title: "外出",
            start: "2021-11-21T10:00:00",
            end: "2021-11-21T15:00:00",
        },
    ],
});
calendar.render();

以下のように人ごとのスケジュールが表示できました。

イベントはドラッグで移動が可能です。
また右上に配置したボタンで、週単位、月単位の表示が可能です。

タイムラインビューについて、詳しくは以下をご覧ください。

Timeline View - Docs | FullCalendar
FullCalendar Premium provides a view called “timeline view” with a customizable horizontal time-axis and resources as rows.

垂直リソースビュー

垂直に表示できる垂直リソースビュー(Vertical Resource View)を試してみました。

以下のコマンドで垂直リソースビューをインストールします。

npm install --save @fullcalendar/core @fullcalendar/resource-timegrid

package.jsonに以下が追加されました。

{
...
    "dependencies": {
        "@fullcalendar/core": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/daygrid": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/interaction": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/list": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/resource-timegrid": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/resource-timeline": "^5.10.1",
        "@fullcalendar/timegrid": "^5.10.1",
    }
}

先程同様、例として人ごとのスケジュールを見れるようにしてみました。

import { Calendar } from "@fullcalendar/core";
import interactionPlugin from "@fullcalendar/interaction";
import resourceTimeGridPlugin from '@fullcalendar/resource-timegrid';

var calendarEl = document.getElementById("calendar");

let calendar = new Calendar(calendarEl, {
    plugins: [interactionPlugin, resourceTimeGridPlugin],
    initialView: "resourceTimeGridDay",
    headerToolbar: {
        left: "prev,next today",
        center: "title",
        right: "",
    },
    locale: "ja",

    // ドラッグで移動が可能
    editable: true,
    // ヘッダのタイトルを変更
    resourceAreaHeaderContent: "予定一覧",
    // 左側のリソースの一覧
    resources: [
        { id: "a", title: "田中" },
        { id: "b", title: "鈴木", eventColor: "green" },
    ],
    // リソースごとのイベントを定義
    events: [
        {
            resourceId: "a",
            title: "打ち合わせ",
            start: "2021-11-21T14:00:00",
            end: "2021-11-21T16:00:00",
        },
        {
            resourceId: "b",
            title: "外出",
            start: "2021-11-21T10:00:00",
            end: "2021-11-21T15:00:00",
        },
    ],
});
calendar.render();

垂直にスケジュールが表示されました。

垂直リソースビューについて、詳しくは以下をご覧ください。

Vertical Resource View - Docs | FullCalendar
FullCalendar Premium provides TimeGrid view and DayGrid view with the ability to display resources as columns. For example, a TimeGrid day resource view can be ...

印刷の最適化

印刷の最適化ができるプラグイン(Optimizing for Print)を試してみました。

まずはこのプラグインを導入する前に、タイムラインビューを印刷してみました。
ブラウザ上ではリソースやイベントが表示されていましたが、印刷の方には表示されませんでした

以下のコマンドでインストールします。

npm install --save @fullcalendar/adaptive

ソースに、adaptivePluginを追加しました。

import { Calendar } from "@fullcalendar/core";
import interactionPlugin from "@fullcalendar/interaction";
import resourceTimelinePlugin from "@fullcalendar/resource-timeline";
import adaptivePlugin from "@fullcalendar/adaptive";

var calendarEl = document.getElementById("calendar");

let calendar = new Calendar(calendarEl, {
    plugins: [interactionPlugin, resourceTimelinePlugin, adaptivePlugin],
    initialView: "resourceTimelineDay",
    headerToolbar: {
        left: "prev,next today",
        center: "title",
        right: "resourceTimelineDay,resourceTimelineWeek,resourceTimelineMonth",
    },
    locale: "ja",

    // ドラッグで移動が可能
    editable: true,
    // ヘッダのタイトルを変更
    resourceAreaHeaderContent: "予定一覧",
    // 左側のリソースの一覧
    resources: [
        { id: "a", title: "田中" },
        { id: "b", title: "鈴木", eventColor: "green" },
    ],
    // リソースごとのイベントを定義
    events: [
        {
            resourceId: "a",
            title: "打ち合わせ",
            start: "2021-11-21T14:00:00",
            end: "2021-11-21T16:00:00",
        },
        {
            resourceId: "b",
            title: "外出",
            start: "2021-11-21T10:00:00",
            end: "2021-11-21T15:00:00",
        },
    ],
});
calendar.render();

画面の表示は、全く違いありませんでした。

印刷を行ってみましょう。今度は正しくスケジュールが表示されました。(以下は印刷したもの)

印刷の最適化について、詳しくは以下をご覧ください。

Optimizing for Print - Docs | FullCalendar
FullCalendar looks great on a computer screen, but by default it does not look very good for printing on a piece of paper. A web browser isn’t able to convert c...

さいごに

FullCalendarは導入もカスタマイズも楽で便利です。
今回はプレミアム機能を試してみましたが、導入が必要な場合は検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました