敵クラスの生成

メインフォームの敵を倒す処理の実装

敵クラスの実装が完了しましたので、いよいよメイン画面の敵を倒す処理を実装します。
まずメイン画面(F_Main)にタイマーを二つ追加します。

敵を動かすタイマー(Timer)

プロパティ 備考
Name T_Enemy
Interval 1000

残り時間をカウントタイマー(Timer)

プロパティ 備考
Name T_Jikan
Interval 1000

まず敵を動かすイベントです。
T_EnemyのTickイベントに以下を記述します。

次に残り時間をカウントする処理です。
制限時間内は、プログレスバーのカウントを一つ下げて、制限時間を過ぎた場合は、合計得点を表示し、タイマーを止めます。
T_JikanのTickイベントに以下を記述します。

続いてすでに実装したスタートボタンのクリックイベント(B_Start_Click)に、タイマーのスタート処理を追加します。

ここで一度実行してみましょう。
初級ボタンを押して、スタートボタンを押すと今度は敵が動いていると思います。
また残り時間もカウントダウンされ、プログレスバーが0になるとメッセージが表示され終了となります。

ここまでくればあともう一息です。
またうまく動かない敵があれば、コーディングにミスがあるかもしれませんので、確認しておきましょう。

学習

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!