AIが問題を自動作成

スポンサーリンク

はじめに

QuiphaはAI技術(ChatGPT)を活用して、問題(カード)の自動生成ができます。

AIはChatGPTを利用しています。
現状はベータ版の提供であり、調整される可能性があります。

使い方

ブック管理のカード編集から操作できます。

AI作成ボタンを押し、作成して欲しい問題の情報を入力します。
試しに簡単に英単語の問題を作成してもらいましょう。

しばらくすると、10問の問題が自動で作成されます。

AI(ChatGPT)が作成しますが、正確性は保証できませんので作成されたカードの内容を確認してください。
問題や回答が間違っている場合もありますが、後から修正できますので、確定ボタンを押しカードを作成します。

問題の間違いや修正したい場合はカード登録後、カード編集画面から行うことができます。

応用編

問題を作成する場合は、具体的に情報を入力した方が思い通りに作成できます。

試しにWikipediaから抜粋し、以下のように入力しました。
最大で2,000文字まで入力でき、かなりの長文を指定することができます。

授業の内容や教科書、参考書の内容を指定するのも良いでしょう。

長文から簡単に問題を作成することができました。

確定後、さらに同じ情報で別な問題を作成することもできます。

ほんの数分で数十問のカードが作成できました。

制限

月に20回まで使用できます。作成ボタンを押すと1回の使用となります。
(失敗しましたと表示された場合はカウントされません)

現状はベータ版の提供であり、調整される可能性があります。

問題を簡単に作成でき、これまで以上に学習の効率化になります。

タイトルとURLをコピーしました