FIFO/LIFO

スポンサーリンク

FIFO/LIFO機能とは

Cliborの FIFO/LIFO機能とは、テキストを連続でコピーし、連続で貼り付けることができます。

コピー→ペースト、コピー→ペースト、コピー→ペースト・・
何度もこの作業を繰り返す必要がある場合、とても面倒ですよね。
この機能を使うと、 コピー→コピー→コピー、 ペースト→ペースト→ペーストのように連続で行うことができます。

FIFO/LIFOによる貼付け

メニューバーのアイコンを右クリックし、FIFO(またはLIFO)モードを選択します。

試しに複数のテキストをコピーします。
command+Vでペーストすると、コピーした順番で貼り付けられます

FIFO/LIFOの違い

FIFOの場合は、最初にコピーしたものが最初に貼り付けられます。
LIFOの場合は、最後にコピーしたものが最初に貼り付けられます。

スポンサーリンク

FIFO/LIFOモードについて

FIFO/LIFOモード中にメイン画面を表示すると、ストックされている一覧が表示されます。
一番先頭にあるものから貼り付けられます。

設定によりFIFO/LIFOモードを、ホットキーで有効・無効にできます。

改行ごとFIFO/LIFO

クリップボード履歴の右クリックメニューから、改行ごとにFIFO/LIFOモードに切り替えることができます。

複数行の文字列を、一つずつ貼り付けたい場合に便利です。

タイトルとURLをコピーしました