応用編2

スポンサーリンク

整形について

初期設定では、クリップボード履歴を以下のように整形できるようになっています。

  • 各行先頭に > を挿入
  • 各行先頭に // を挿入
  • 各行を ” で囲む

整形方法を自由に設定することが可能です。
メニューバーのCliborアイコンを右クリックし、「整形の編集」をクリックします。
以下のような編集画面が表示されます。

追加ボタンをクリックし、「整形名」を入力します。

整形方法は沢山あり、例えば「前後に挿入」や「各行に挿入」などが選べます。

例えば文字列を置換したい場合、以下のように入力します。

さらに整形の確認を行うことが可能です。

いちいち登録せずとも、この画面で整形のテスト確認ができます。

正規表現による置換も可能です。これにより高度な整形が可能です。

スポンサーリンク

クリップボードの自動整形

クリップボードの自動整形が可能です。

文字列をコピーした際にクリップボードに転送されると同時に、指定された整形機能を適用します。

同じ整形を何度もコピー文字列に行いたい場合はとても便利になります。

定型文のマクロ

定型文に例えば、現在時刻の日付フォーマットを登録できます。
定型文編集画面のマクロメニューから、登録したい表示形式を選択し登録します。

使用する際は普通に定型文を選択し、貼り付けると指定した時刻が貼り付けられます
また日付の形式も自由に指定可能です。
日付の形式詳細はQ&Aをご覧ください。

<$CLB_HDATE>yyyy/MM/dd HH:nn:ss</CLB_HDATE>yyyy/MM/ddなどの日付形式の指定が可能です。(日付のフォーマット仕様はQ&Aをご覧ください)
タイトルとURLをコピーしました