Delphiでサンプルアプリ作成とCliborのようなウィンドウの作成

Delphiでサンプルアプリ作成

はじめに

DelphiのCommunity Editionが公開され、Professional相当の開発ツールが無償で利用できるようになりました。
今回はサンプルアプリを作成してみようと思います。

プロジェクトの作成

Delphiを起動して、「ファイル→新規作成→Windows VCLアプリケーション」をクリックします。

以下のような画面が表示されました。

サンプルアプリの作成

ボタンを配置してみます。
基本的にはVisual Basicなどと同じような感じで使用できます。

右下のパレットから「button」と検索します。

buttonをフォームにドラッグアンドドロップします。

ボタンを選択した状態で、Captionを変更します。
これでボタンの表示が変わりました。

ボタンをダブルクリックすると、ボタンのクリックイベントを定義できます。
以下のようなメッセージダイアログを表示するコードを記述しました。

デバッグ実行してみます。

アプリが実行され、ボタンをクリックするとメッセージダイアログが表示されました。

今度は終了ボタンを配置しました。

アプリを終了するコードを記述しました。

アプリを実行し、ボタンをクリックしたら終了することを確認してください。

境界線なしウィンドウの作成

通常のフォームは、以下のようなウィンドウで上部にバーが表示されています。

Cliborのようなウィンドウにしてみましょう。
FormのBorderStyleをbsNoneを選択します。

ついでに、FormのPositionをpoScreenCenterに変更します。

実行してみましょう。
以下のような、境界線なしのウィンドウになりました。

フォームに枠線を表示してみましょう。
先程のFormのコードを以下のようにしました。
WMNCPaintで、フォームの枠線を表示しています。

実行してみると以下のようなフォームになりました。
なんとなくCliborっぽくなりました。

きちんと動作するにはもっと実装が必要ですが、サンプルコードの紹介でした。

さいごに

無償で利用できる開発ツールですので、皆さんもチャレンジしてみてください!
特にWindowsアプリの開発のみならず、他のプラットフォームの開発も可能なので、今後流行っていくかもしれませんね!

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)