AWSの料金アラームの設定

AWSの料金アラームの設定

はじめに

AWSですが、料金体系が複雑なのもあり、予想外の請求が来るかもしれません
特にAWS無料枠でお試し中の場合、「インスタンスを試しに作成しすぐに削除したのに・・」といった場合もあります。
そこでAWSの料金が一定以上に達したらアラームを通知するように設定してみましょう。

アラームの設定

Amazon CloudWatch を使用して AWS 予想請求額をモニタリングできます。ご使用の AWS アカウントに対する予想請求額のモニタリングを有効にすると、予想請求額が計算されて、メトリクスデータとして CloudWatch に 1 日複数回送信されます。

マイ請求ダッシュボードを開きます。

「Billing の設定」を開き、「請求アラートを受け取る」にチェックを入れ設定を保存します。
請求アラートは一度オンにするとオフに戻す事はできません

CloudWatchコンソールを開きます。

請求のアラームをモニタリングするには、リージョンを「US East (バージニア北部)」にします。

左カラムの「請求」をクリックします。
AWS無料利用枠の一部として、毎月10個の無料アラームと、1000通の無料Eメール通知を利用できます。

超過に料金のしきい値を入力します。
その後「アラートの作成」をクリックします。
通知先のメールアドレスは、自分か、あるいは別のメアドでもOKですが承認する必要があります。

作成後はデータ不足と表示されます。

暫く待つとステータスが「OK」に変わりました。

さいごに

これで請求額のアラートの設定ができました🙂

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)