AWSにWordPressを構築

AWSにWordpressを構築

はじめに

今回はAWSにWordpressを構築してみました。

AWSとは

AWSとは、Amazon Web Servicesの略でAmazon.comにより提供されているクラウドコンピューティングサービスです。

無料枠について

基本的にはAWSアカウントを作成した日から12ヶ月の無料枠が利用できます。

自分が無料利用枠を利用する資格があるかどうかは、請求情報とコスト管理ダッシュボードから確認します。

「アラートおよび通知」セクションに、以下のメッセージが表示されています。

お客様は、AWS 無料利用枠 の対象になっています。無料利用枠の利用開始方法については、AWS 無料利用枠入門ガイド をご覧ください。

AWSアカウントを作成した日を確認するには「請求書」をクリックします。
日付のプルダウンより確認できます。
(課金が発生していなくても、アカウントを作成した日から毎月1回発行されているため)

無料利用枠の利用期間の終了が近づくと、Eメールアドレスへ通知が来るようです。
その時に不要なリソースは課金されないように削除する必要があります。

詳細はAWSのドキュメントを参考にして下さい。

気になる料金は

それでは無料枠が切れた後はどれくらいかかるのでしょうか。
AWSは稼働時間やデータ転送量などの従量課金です。
料金体系が結構複雑なので、なかなか試算するのが難しいですよね・・

AWSの計算ツールを使ってみます。

今回は後ほど構築する環境と同様、t2.microでオンデマンドインスタンス、EBS10GBで見積もってみました。

1ヶ月あたり、12.30 USD(1,359円)でした。
それに別途、データ転送量もかかる感じでしょうか。
(リザーブドインスタンスであればもう少し安くはなりますが)

私のような個人ブログでWordpressが動けば良い程度であれば、レンタルサーバーのほうが安く簡単ですが、色々と環境を用意するにはAWSは便利ですね!

参考

構築

AWS マネジメントコンソールを開きます。
EC2を検索しクリックします。

リージョンを東京にしました。

インスタンスの作成をクリックします。

「Wordpress」と検索して、「AWS Marketplace」をクリックします。
今回は無料枠である、「WordPress Certified by Bitnami and Automattic」を選択しました。

次に詳細な価格が表示されます。
t2.microで$0.015/時間でした。
今回は無料ですので、「Continue」をクリックします。

無料利用枠のt2.microインスタンスを使用します。
選択し「次の手順: インスタンスの詳細の設定」をクリックします。

「手順 3: インスタンスの詳細の設定」が開かれますので、そのまま「次の手順: ストレージの追加」をクリックします。

ストレージはそのままにしました。
「次の手順: タグの追加」をクリックします。

「タグの追加」ではName:Wordpressというタグをつけました。
「次の手順: セキュリティグループの設定」をクリックします。

セキュリティグループの設定はそのままにしました。
「確認と作成」をクリックします。

一通り設定が完了したら、「起動」をクリックします。

「新しいキーペアの作成」を選択し、キーペア名は任意で入力します。
その後、キーペアをダウンロードし、インスタンスの作成をクリックします。

インスタンスが作成されるまで待ちます。

インスタンスをクリックし、runningになっていることを確認します。

同じ画面の右下の方に「IPv4 パブリック IP」という項目のIPアドレスをコピーします。
ブラウザからそのIPアドレスへアクセスすると、Wordpressの画面が表示されました。

WordPressの設定

WordPressの管理画面へのログインパスワードを見つけます。
EC2の画面より、アクション→インスタンスの設定→システムログの取得をクリックします。
スクロールしていくと、パスワードが表示されています。

WordPressへのURLに/adminをつけてアクセスします。
user/パスワードを入力してログインします。

無事に管理画面へログインできました。

固定IPアドレスの設定

インスタンス起動時にパブリックなIPアドレスは振られますが、インスタンス再起動時に変わってしまいます
Elastic IPアドレスを割り当てます。無料で一つは割り当てできます。

EC2 コンソールのElastic IPをクリックします。
「新しいアドレスの割り当て」をクリックします。

割り当てをクリックします。

新しいアドレスが割り当てられました。

新しいアドレスをクリックし、アクション→アドレスの関連付けをクリックします。

インスタンスとプライベートIPを選択し、関連付けをクリックします。

関連付けが成功しました。

新しいIPアドレスでアクセスできることを確認してください。
また、インスタンスを再起動しても、パブリックDNSやパブリックIPが変わらないことも確認します。

さらに独自ドメインの設定なども行うことが可能です。

SSHでリモートの仕方

作成したインスタンスにはSSHでリモートすることができます。
TeraTermを使用します。

Hostには、パブリックIPアドレスを指定します。

user nameは「ubuntu」です。
キーには、EC2インスタンス設定時のpemファイルを指定します。

ログインできました。

WordPressの本体は以下のパスに入っていました。

PHPのバージョンは7.2.16でした。

phpMyAdminにアクセス

インストールはされていますが、デフォルトでアクセスできません。
http://パブリックIPアドレス/phpmyadmin

以下のファイルを修正します。
~/apps/phpmyadmin/conf/httpd-app.conf

以下の2箇所を修正します。
許可するIPは自分のインターネットのグローバルIPアドレスに設定しましょう。

アパッチを再起動します。

再度、以下のURLにアクセスすると、phpMyAdminの画面が表示されます。
http://パブリックIPアドレス/phpmyadmin

ユーザ名、パスワードは、Wordpressの設定ファイルから探しました。
~/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

phpMyAdminを開くことができました。

注意点

Elastic IPは、EC2のインスタンスが停止している間は料金が発生してしまいます。

インスタンスをすべて止めたのに、金額が発生する場合は請求を確認してみましょう。
金額を発生させないためには、無料枠でEC2インスタンスを起動しておくか、Elastic IPを開放する必要があります。

Elastic IP Addresses
$0.005 per Elastic IP address not attached to a running instance per hour (prorated)

さいごに

AWSを使ってサクッと環境を用意できるのは便利ですね!

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)