ラズパイZeroでLチカ!(Python編)

ラズパイZeroでLチカ

はじめに

先日、レッツIoTということで、ラズパイを購入しました。
今回はLEDを光らせてみたいと思います。
プログラミングはPythonという言語を使用します。

LEDを配線

LEDを光らせるにあたり以下を用意しました。

  • Raspberry Pi Zero WH
  • ブレッドボード(165408010E)
  • 高輝度赤色LED(L5-EKR2530-12500)
  • 抵抗(150Ω)
  • ジャンパーワイヤ

まず3.3Vを繋ぎ光るかどうかを試しました。
以下のように配線してみました。

まずは光りました。

Pythonで制御

今度はPythonを使い、LEDを点灯したり、消灯したり制御してみます。
以下のように配線しました。

プラス側は24番ピンに繋いでいます

ラズパイにsshでリモートし、Pythonファイルを作成します。

中身は以下のようにしました。
ピン番号を指定するため、GPIO.BOARDにしています。
今回は24番ピンに繋ぎましたので、24を指定しています

上記のPythonを実行します。

0.5秒間隔でLEDが点滅します。
(止めるときはCtrl+Cで止める)

簡単にLチカできました🙂

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)