ラズパイのWi-Fi設定と固定IPアドレスを設定する

Raspberry Piのネットワーク設定

はじめに

前回の記事では、ラズパイのセットアップを行いました。
今回はWi-Fiの設定と、固定IPアドレスの設定を行います。

Wi-Fiの設定

デスクトップが入っているのであれば、画面の右上から接続したいSSIDを選択し、パスワードを入力するだけでOKです。

注意点として、Wi-Fiの設定ファイルにはパスフレーズが平文で入ってしまいます
以下の設定ファイルを確認しましょう。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

パスフレーズを暗号化してWi-Fiの設定を行う場合は、以下のようにコマンドを打ちます。

すると、以下のような文字列が表示さます。

上記のパスフレーズの行は削除して、コピーします。
次に以下のファイルを編集し、コピーした文字列をペーストし保存します。

ラズパイを再起動します。

再起動後、以下のコマンドでIPアドレスを確認します。

wlan0の箇所がWi-Fiの設定です。
LANのIPアドレスが振られました。
usb0はUSB OTGでUSB接続時の設定です。

固定IPアドレスの設定

DHCPによってアドレスが変わると面倒ですので、固定IPアドレスを設定します。
以下のファイルを編集します。

今回はWi-Fiなので、wlan0を指定しました。(有線はeth0)
LANの設定は、各自確認してください。(DHCPの範囲やゲートウェイなど)

ラズパイを再起動します。

再起動後、以下のコマンドでIPアドレスを確認します。

無事にIPアドレスが固定になりました。

別なマシンからPingが通ることも確認します。

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)