ラズパイで温度を取得(デジタル温度センサADT7310)

ラズパイで温度を取得(デジタル温度センサADT7310)

はじめに

今回はラズパイで温度を取得してみたいと思います。
温度センサーはADT7310を搭載した温度センサモジュールを用意しました。
そのままブレッドボードで使用できます。

マルツのデジタル温度センサー ADT7310 DIP化モジュール【MDK001】という製品です。

温度センサーを配線

以下を使用しました。

  • Raspberry Pi Zero WH
  • ブレッドボード(165408010E)
  • デジタル温度センサADT7310 DIP化モジュール[MDK001]
  • ジャンパーワイヤ

配線は以下のようにしました。

MDK001 ラズパイ
VDD 5V
SCL GPIO11 SCLK
SDO GPIO9 MISO
SDI GPIO10 MOSI
CSx GPIO8 SPI_CE0
GND GND

ラズパイのSPIを有効にする

この温度センサーはSPIを使用しますので、有効にします。
sshでリモート接続し実行します。

以下のように画面が表示されますので、「5 Interfacing Options」を選択します。

「P4 SPI」を選択します。

「Would you like the SPI interface to be enabled?」に対して、「Yes」を選択します。

「The SPI interface is enabled」と表示されSPIが有効になりました。

「Finish」を選択します。

Python用のSPI制御ライブラリのインストール

spidevをインストールします。

Pythonで制御

Pythonのコードを以下のようにしました。
get_temp.pyというファイル名で作成しました。

pythonを実行します。

約1秒毎に温度が取得できました。

お気軽にフォローください!

シンプルで高機能なクリップボード履歴フリーソフト「Clibor」

シンプルで高機能なクリップボード履歴ソフトです。
Cliborはフリーソフトです。

普段よく文字を入力する方や、ブラウザに決まったキーワードを張り付ける方など、テキストの入力がとても便利になりますので是非ご利用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)